5歳くらいになると縄跳びに興味を持ち始める子も出てきます。上手に跳べるようになれば、大きな自信につながりそうですが、上達するためにはどんな練習をすればよいのでしょう? 体育塾「ジムプロ」の安藤典弘さんに、未就学児に向けた縄跳びのコツについて教えてもらいました。

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】
(1) 子に思わずカッとなる 気持ち鎮める3つの方法
(2) 叱らなくてはいけないこと、伝えるための6つの工夫
(3) 子の歯ぎしり なぜ起きる?そのままで大丈夫?
(4) 子どものいびき、病気のサインであることも
(5) 未就学児の縄跳び 攻略ポイント【写真で解説】 ←今回はココ
(6) 逆上がり 体の軽い未就学のうちが習得のチャンス
(7) 跳び箱攻略のカギは「気持ちのハードル越えて思い切る」

 未就学児のいる家庭に向けて、縄跳び、鉄棒の逆上がり、跳び箱ができるようになるコツを3回のシリーズでお届けします。今回は、縄跳びです。

なぜ縄がたるむ?

 年中・年長くらいになると、縄跳びが遊びのレパートリーに入ってきます。小学生の授業で縄跳びがあることを知っている親としては、未就学児のうちに跳べるようになれば、小学生になったときの自信になるのでは? と思うかもしれません。跳べない子の「あともうちょっと!」「惜しい!」をうまくサポートするにはどうすればいいでしょうか。

 未就学児や小学生に向け、課題克服達成を目指す体育塾「ジムプロ」の代表指導員で、年間約3000人の子どもを指導している安藤典弘さんは話します。

 「縄跳びに関して言えば、年少でできたら『すごいな!』という感じですが、年中くらいから徐々に跳べる子も出てきます。縄跳びは身近な遊びですし、コツをつかめば誰もが跳べるようになるものです」

 今回トライしたのは、年長(5歳)のIちゃん。縄跳びは好きだけれど、いまいち上手に跳べないもどかしさと戦っている真っ最中。さっそく安藤さんにIちゃんが前跳びをしているところを見てもらい、「なぜ跳べないのか」を診断してもらいました。

安藤さんの縄跳び診断

「本来、跳んでいるときの縄の状態は一直線に伸びているはずですが、Iちゃんの縄はたるんでいるのが分かります。実はこれ、未就学児によくある『跳べないパターン』のうちの1つの現象なんです」

 次のページから、縄跳び攻略のためのノウハウを安藤さんに教えてもらいます。

次ページから読める内容

  • 未就学児の跳べないパターンは2つ
  • 解決策は「ぴょん・ぐるん・ぴょん」
  • 未就学児は後ろ跳びが得意?
  • 縄跳びが上達する3つの遊び

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2091本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る