夏といえば、こんがり焼けた浅黒い肌が健康的――そんなイメージもあるかもしれない。しかし、近年は紫外線が無視できないレベルに増加してきている。虫刺されも、ただかゆいだけでなく、蚊やダニなどが媒介する感染症などのリスクがある。夏こそ、「肌対策」が大事な季節なのだ。

特に子どもの肌は繊細なので、大人よりも悪影響を受けやすいという。そこで、小児科、内科の医師に、紫外線や虫刺されの「予防と対策」について聞いた。

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】
(1) 心のゆとりを生む「自分時間」の効用と作り方
(2) 「私はこうして自分時間を作った」ママのマル秘テク
(3) 紫外線、虫刺されから子どもを守る 夏の肌対策 ←今回はココ
(4) あせも、お尻かぶれ、とびひ…肌トラブル対策

子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

子どもは紫外線の悪影響を受けやすい

ユアクリニック秋葉原の杉原桂院長
ユアクリニック秋葉原の杉原桂院長

 日焼けで注意しなければならないのは、紫外線を浴びることによる人体への影響だ。近年では大気汚染によるオゾン層の破壊により紫外線が増加し、特に人体に悪影響を及ぼすとされるB領域紫外線(UV-B)が増えている。

 紫外線のばく露による主な急性反応では日焼け(サンバーン)、雪目、免疫機能低下があり、慢性反応としてはシワ、シミ、良性腫瘍、前がん症(日光角化症+悪性黒子)、皮膚がんなどの皮膚疾患と白内障や翼状片などの目の病気がある。子どもは大人と同じ紫外線量を浴びても、皮膚の厚さが薄いうえ、防御能力が完全でないために大人よりも悪影響を受けやすい。紫外線のダメージは蓄積性のため、子どものときに影響がなくても、成人になってから影響が大きく出ることがあるため、近年では子どもの紫外線対策は必須とされている。

 では、具体的にどんな対策をすればいいのだろうか? 子どもの紫外線対策でありがちな勘違いと正しい知識についても、次ページで解説する。

<次のページからの内容>

● 紫外線のウソ・ホント一覧表
● 日焼け止めクリームの選び方と使い方
● 虫刺されで気にすべきは圧倒的に「蚊」
● 日焼け止めを先に、虫よけは後に塗る

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。