「今のはお兄ちゃんが悪いよ」などと、目の前で繰り広げられるケンカのジャッジをしてはみたものの、「そんなことない!」と即座に本人から反論を受けてしまうなど、一筋縄ではいかないきょうだいゲンカの仲裁。前回に引き続き、親子関係に詳しい精神科医の加茂登志子さんに、PCIT(親子相互交流療法)スキルを使ったきょうだいゲンカへの介入の方法について話を聞きました。

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】
(1) きょうだいゲンカ減らす鍵は親子関係にあり
(2) 親の介入次第できょうだいゲンカからの学びより深く ←今回はココ
(3) 片付けない子どもに、親の「捨てるよ」は逆効果
(4) 「抱っこ」「食べさせて」受け止めるのがいい理由

親次第でケンカがより多く学ぶ機会に

 前回の記事では、きょうだいゲンカの頻度を減らすためのコツを教えてもらいました。今回は、いざ、きょうだいゲンカが始まってしまったとき、親はどのようなスタンスで子どものケンカに関わればいいのかを、教えてもらいます。

 PCIT(親子相互交流療法)の第一人者で、精神科専門医の加茂登志子さんは次のように話します。

 「子どもはケンカを通じて、人との交渉術や、どうにもならないことがあることを学びます。小さい子どもなりに、保育園のお友達には遠慮してケンカにならないようなことでも、きょうだい間では、思いっきり主張し合うことができますよね。つまり、遠慮なく気持ちをぶつけられる相手が親以外にいるということは、その分だけ、学びの機会が多いということなのです」

 さらに、親がきょうだいゲンカに上手に介入することで、子どもの学びはより深くなる、と加茂さんは言います。

 加茂さんの話をもとに、きょうだいゲンカに対する親の介入ポイントのフローチャートを下にまとめました。次ページから具体的に解説していきます。

次ページから読める内容

  • 親はすぐ仲裁でなく、「まず観察」
  • ケンカのルールから外れているとき
  • 親の指示は軽いと、子どもがわがままになる傾向が

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2001本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る