日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/保育園
  5. 保育園のわが子、「足が遅い」「リズムが悪い」はダメ?

保育園のわが子、「足が遅い」「リズムが悪い」はダメ?

未就学児の運動能力を伸ばす要因は「やる気」が大きい。「親の声かけ」は特に重要


走るのが遅い、片足立ちが苦手、リズム運動をしたがらない…。運動が苦手な子を持つママの中には、焦りやコンプレックスを感じている人もいるかもしれません。実際に未就学児のうちにどの程度の運動ができるようになればいいのでしょうか。子どもの運動能力の発達の目安や、子の運動にまつわる親のお悩みへのアドバイスを聞きました。

【年齢別記事 保育園のママ・パパ向け】
(1) 抗生剤必要? 乳幼児期こそ気を付けたい耐性菌リスク
(2) 乳幼児の抗生剤服用慎重に アレルギーの発症に影響も
(3) 保育園のわが子、「足が遅い」「リズムが悪い」はダメ? ←今回はココ
(4) 運動系の習い事 苦手な子の「好き」伸ばす選び方は?

小さい子の運動能力の発達の仕方は一人ひとり違う

●体の機能や発達面の遅れを指摘されたことはないけれど、走るのが遅く、普段の動きも緩慢なわが子。保育士さんから「もっと普段から運動をさせてください」と注意されました(38歳・マスコミ・専門職・3歳のママ)
●「子どもは2歳のころ、リズム運動をやりたがらず、ほかの子ができるスキップや両足ジャンプがうまくできませんでした。足腰を鍛えるため、自転車通園から徒歩通園に切り替えるように言われ、毎朝40分かけて歩いて登園していました」(38歳・IT・企画職・7歳のママ)

 これらは、子どもの運動能力に悩む親たちから実際に寄せられた声です。

 周りの子と比べて走るのが遅かったり、リズム運動の動きがうまくできなかったりすると、「このまま小学生になったら、運動が苦手なせいでいじめられるのでは」などと親は心配になってしまうかもしれません。そもそも保育園児の運動能力について、どこまで気にするべきなのでしょうか。

画像はイメージ
画像はイメージ

 17年以上の子どもの運動指導経験を持つスポーツインストラクターの伊藤一哉さんによると、小さい子の運動能力の発達の仕方は一人ひとり違うといいます。

 「今まで何万人もの子どもたちを指導してきた立場から見ると、医学的な見地から発達の遅れを指摘される一部のケースを除けば、『何歳だからこれができなければならない』と一概には言えないと思っています。

 今できないことが翌日、翌週には急にできるようになるのが子どもです。例えば、3歳児健診の項目に入っていることがある『片足立ち』がうまくできず、私の指導を受けにきた子が、やってみたらすぐにできたこともあります。子どもは新しい動きを自分の目で見たり体験したりして覚えていきますが、普段から家の中で親が片足立ちをやってみせる機会は多くないはず。経験の少ない動きをできないのは、当たり前なんです」

 運動に関しては個人差が大きいもの。できないことを心配するよりも、さまざまな動きにチャレンジして「子どもがやりたがることを探す」ことが大切だと伊藤さんは言います。

 「その子が好きな運動を見つけたり、好きな先生に出会ったりすることで一気に伸びることが非常に多いのです」

 次のページから、保育園児の運動能力に対する親の悩みについて、伊藤さんに解説してもらいます。

子どもの運動の悩み、ここが知りたい!

悩み1 未就学児が自然に体を動かす機会を増やすには?
悩み2 親も運動が苦手な場合は諦めるしかない?
悩み3 保育園で体操やリズム運動をやりたがらない…どうすれば?

次ページから読める内容

  • 5歳までは「好きな運動」を見つけることが大切
  • 肯定的な声掛けの中で子ども自身が気づく
  • 保育園での運動、「皆と一緒に」だけが目的ではない

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
DUALとは