1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/妊娠・育休
  5. 妊娠中インフル・風邪は重症化しやすい 予防法は?

妊娠中インフル・風邪は重症化しやすい 予防法は?

【年齢別特集 妊娠・育休】(1) 予防接種は何週目から受けてもいい? 胎児への影響は?


 11月に入り、気温がぐっと下がってきました。乾燥が気になるこれからの季節は風邪やインフルエンザが流行することもあり、妊娠中の女性にとっては特に体調管理に気を付けたい時期です。インフルエンザは胎児に影響があるともいわれ、心配になる人は多いでしょう。そこで、東京・目黒区の産婦人科「育良クリニック」の浦野晴美理事長に、インフルエンザや風邪の予防法について話を伺います。2回にわたってお届けします。

【年齢別特集 妊娠・職場復帰ママ・パパ向け】
(1) 妊娠中インフル・風邪は重症化しやすい 予防法は? ←今回はココ
(2) 妊婦が風邪やインフルにかかった場合のNG行為
(3) 妊娠中の食べ物は赤ちゃんの知能や健康に影響する?
(4) 妊娠中に飲みたいサプリ、飲んではいけないサプリ

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

 育良クリニックの浦野晴美です。風邪やインフルエンザの季節になり、心配しているお母さんはきっと多いでしょう。今回はこれらの予防法についてお話をします。

 「妊娠中は免疫力が低下する」という話を聞いたことがある人も多いかと思いますが、なぜそのような状態になるのでしょうか。

 それは、お母さんの体が胎児を“異物”と捉えて攻撃しないよう、免疫機能を抑制するメカニズムが働いているから。お母さんの免疫機能が低下することで、おなかの胎児を守ることはできますが、その一方でお母さんはインフルエンザや風邪といったウイルス性の感染症にかかりやすくなります。

 よく覚えておいてほしいのは、抵抗力が落ちているため、いったんかかると重症化しやすくなるということです。

●免疫は妊娠前より低下する!
●胎児を攻撃しないメカニズムが働くから
●いったんかかると重症化しやすい

 それでは、免疫力が普段よりも低下した妊娠中、特に念入りに対策していくためにはどのような生活を送るのがいいのでしょう。妊娠中の方はこの季節、必読の具体的な方法を見ていきます。

<次のページからの内容>
・ 寝過ぎでもOK。疲れたら十分な睡眠を
・ マスクや手洗い、顔洗いも効果的
・ インフルエンザ対策は「家族もワクチン摂取」
・ 防腐剤を含まないワクチンをチェックして

次ページから読める内容

  • かからない体作りが重要。帰宅時にするべき予防法
  • ワクチンでインフルエンザ対策

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
DUALとは