気温が下がり、空気が乾燥するこれからの季節は、さまざまな感染症が流行します。ママパパにとっては、赤ちゃんの体調を心配するとともに、仕事を休まなければならない心苦しさもついて回るでしょう。特に小さな赤ちゃんの場合、出生時にママからもらい受けた免疫が切れると、熱を出す機会も増えていきます。

この時期にかかりやすい感染症の注意点や予防法について、マーガレットこどもクリニック(東京都渋谷区)の田中純子院長に聞きました。今回はインフルエンザについてお届けします。

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】
(1) 実は4分の1が帝王切開 緊急時に慌てない基礎知識
(2) 帝王切開のリスクと注意点 術後の回復は大変なの?
(3) 育児疲れの秋バテを湯たんぽとすりこぎで解消しよう
(4) 赤ちゃんのインフルエンザワクチン どうする?
 ←今回はココ

(5) 秋冬に増える赤ちゃんの胃腸炎 感染予防と家庭ケア
(6) 妊娠中のスポーツ どこまでやっても大丈夫?
(7) 妊娠中の仕事の負荷 法律で保護される範囲は?

1歳未満ではインフルエンザワクチンの有効性は低い

 医療機関では今年のインフルエンザワクチンの接種がスタートしました。赤ちゃんは接種すべきなのか、気になっているママパパも多いのではないでしょうか。

 大前提として、インフルエンザワクチンを接種できるのは生後6カ月からです。6カ月未満の赤ちゃんは接種できません。そもそもインフルエンザワクチンは他のワクチンと比べると、有効性は高くなく、感染を完全に防ぐことはできません。ワクチンによって「重症化を防ぐ」「かかっても軽く済む」と考えてください。しかも、インフルエンザワクチンは1歳未満の赤ちゃんでは、さらに有効性が低くなります。よって、必ずしも接種しなければならないワクチンではありませんが、次のようなケースでは「接種しておいて損はない」と言えます。

次ページから読める内容

  • ワクチン接種をしたほうがいい赤ちゃんとは
  • 赤ちゃんがインフルエンザにかかったかな?と思ったら
  • かかったときのセーフティーネット構築を

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。