前回の記事では「赤ちゃんに対する声かけとジェスチャー」について、取り上げました。玉川大学大学院・脳科学研究所で「乳幼児の音声コミュニケーション発達」について研究している梶川祥世さんによると、音楽は赤ちゃんの発語を促すだけでなく、言葉のリズム、単語の音を分析する力、読み方の習得にも効果的だそうです。どんな音楽を、いつごろから聞かせればいいのかを聞きました。

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】
(1) 赤ちゃんの言語発達促す声かけ・絵本の読み方は?
(2) 赤ちゃんの言葉と情操を育む 歌・音楽の聞かせ方 ←今回はココ
(3) 【動画】出産への不安和らぐ「パパのタッチングケア」

ママパパの歌いかけに秘められた効果とは

 子守歌や手遊び歌として聞く音楽など、赤ちゃんは日ごろからいろいろな音楽に囲まれて過ごしています。玉川大学大学院・脳科学研究所の「赤ちゃんラボ」で、乳幼児の音声コミュニケーション発達について研究している梶川さんが、0~2歳児を持つ母親に聞き取り調査をしたところ、歌いかけを「寝かしつけ」のために取り入れている母親は46%でした。ほかにも、入浴、遊び、散歩、ぐずり(の対応)と、日常のさまざまな場面で歌いかけを取り入れていることが分かりました。

 梶川さんは歌いかけの効果を、こう話します。

 「歌は多くの場合、『詞』という言語的要素と、『旋律(メロディー)』という音楽的要素から成り立っています。子どもにとってはメロディーがついていたほうが言葉を覚えやすいという研究結果もあり、言葉かけよりも歌いかけのほうが、単語の音を聞き取ったり覚えたりしやすいのではないか、と推察されています。

 例えば『かえるのがっしょう』を思い浮かべてみると分かりますが、赤ちゃんや子ども向けの歌の場合、メロディーやリズム、歌詞に繰り返しの要素が多く、覚えやすい構造をしています。このため、赤ちゃん自身が自然に声を出したり、歌ったりしやすく、自然と発語が促されます。また、音のリズムだけでなく、言葉の持つリズムも身につき、言語能力を高める効果もあると考えられています

 では、赤ちゃんにはどんな音楽を、いつごろから聞かせればいいのでしょうか。次のページから見ていきます。

梶川さんらが調査!赤ちゃんの歌いかけに人気の曲ベスト5 1位○○ 2位○○ 3位どんぐりころころ 4位げんこつ山のたぬきさん 5位○○
人気の歌は、3ページ目で紹介! 出典:『なるほど!赤ちゃん学』(新潮社)

次ページから読める内容

  • 音楽レッスン経験者は、言語能力が高いという調査結果も
  • 赤ちゃんが好きな歌や音楽とは?
  • 歌い聞かせに人気の歌ベスト5
  • さまざまな種類の音楽を聞かせることにも意味がある
  • スマホの音楽付き動画は「一時的な泣きやませ道具」
  • 音感だけでなく、「感情を読み取る力」も大切

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2054本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る