妊娠中はホルモンバランスや体形の変化により、肌にもトラブルが起きることがあります。その代表的なものが、かゆみです。かゆみの原因やセルフケアの仕方、保湿剤の選び方、受診する場合のポイントなどを、妊娠中のスキンケアに詳しい巣鴨さくらなみき皮膚科院長・鈴木さやかさんと、患者へのスキンケア指導をしている葛飾赤十字産院・看護係長の三橋ひとみさん、妊婦さんの悩みに日々寄り添う同院助産師の前田祐希さんに聞きました。

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】
(1) 妊娠中の「肌のかゆみ」 専門家が教える対処法 ←今回はココ
(2) 妊娠線、黒ずみは自然な変化 間違いケアは逆効果も

妊娠前から肌が乾燥していると、かゆみの原因に

 「妊娠するとホルモンバランスの変化などで、肌は必ず敏感になると思い込んでいる方は多いですが、何もトラブルが起きない人はたくさんいます。安心してください」と巣鴨さくらなみき皮膚科院長の鈴木さやかさんは話します。

 「かゆみも同じで、すべての妊婦さんに症状が起きるわけではありません。しかし、かゆみを訴える人は一定数いて、中には、眠れないほどかゆくなる方もいます。

 かゆみについては、都会で働く女性は特に、妊娠前から肌が乾燥しているという要因もあるのではないでしょうか。特にオフィスは、空調の影響で常に乾燥しています。こうした環境要因にホルモンバランスの変化などが加わると、かゆみが現れることはあります。

 他の要因としては、体形の変化による服や下着のこすれ、通気性の良くない下着によるムレなどもあります。化繊の下着や強く締め付けるタイプの下着は、かゆみなどの肌トラブルを誘発しやすいので、コットンのゆったりした肌着を身に着けるようにしてください」(鈴木さん)

 仕事を終えて帰宅すると、急にかゆみを感じるという人もいます。

 「仕事中は気持ちが張り詰めていて緊張状態にあり、交感神経が優位になっています。しかし帰宅後に食事や入浴をしてリラックス状態になると、副交感神経が優位になり血流がよくなるので、かゆみが起きやすくなります。体が温まるとかゆみを感じやすくなるため、妊娠中だからと言って過度に温めすぎないようにしてください」

 では、どのように対処すればいいのでしょうか。次のページからは、セルフケアの仕方や保湿剤の効果的な塗り方、選び方などを紹介します。

妊娠中に肌がかゆくなったら?画像はイメージ
妊娠中に肌がかゆくなったら?画像はイメージ

次ページから読める内容

  • 保湿剤はたっぷりの量を、優しく塗り込んで
  • 保湿剤はクリームタイプを。外陰部は洗いすぎに注意
  • 外陰部のかゆみに悩んだら…
  • 保湿しても治らなければ、早めに皮膚科へ
  • 妊娠中にステロイドの外用薬を使用しても、大丈夫?

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る