1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/妊娠・育休
  5. “早生まれ”の保活は不利? 保育園以外の選択肢も

年齢別特集/妊娠・育休

“早生まれ”の保活は不利? 保育園以外の選択肢も

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】 早生まれの子どもの預け先、認可・認可外保育所以外の手立てとは


 通常は保育園の4月入園を目指しますが、1~3月に出生した“早生まれ”の子どもの場合はどうなるのでしょうか? 復帰まで1年以上待たなくてはいけない?

 早生まれの子どもが待機児童になってしまった場合にどうすればいいのか、また認可外保育以外に職場復帰するための選択肢は何があるのか。「保育園を考える親の会」代表の普光院亜紀さんに聞きました。

“早生まれベビー”の4月入園は難しい

 1月以降に生まれる“早生まれベビー”は、4月に入園できるのでしょうか?

 結論から言えば、2月中旬以降に生まれる子どもの場合、0歳児での認可保育園への4月入園は難しいと言えます。認可保育園への4月入園を果たすためには、4月1日の入園時点で園の受け入れ可能な年齢に達している必要があり、その多くは「生後43日以降」、もしくは「57日以降」とされているからです。

 また、早い自治体では入園希望の年の前年9月から、多くの自治体では前年10~11月あたりから入園申し込みの書類配布が開始され、11~12月ごろには締め切られます。一次選考の発表は1月下旬~2月ごろです。「申し込みは子どもが生まれてから」とする自治体もあり、受付条件や期間、締め切りなどは自治体によってまちまちのため、役所に確認する必要があります。

 では、自治体にはどのような点を確認すればいいのでしょうか。

<次のページからの内容>
● 自治体によって違う“早生まれ”への対応
● 随時入園の可能性が高まるワザとは?
● 1月生まれの子どもを例にした認可園入園へのロードマップ
● 認可外の「保育ママ」という選択肢
● 職場復帰のための最善の方法を考える

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
DUALとは

普光院 亜紀
普光院 亜紀 出版社在職中に2回の育児休暇を取り2人の子どもを保育園に預けて働く。1993年より、「保育園を考える親の会」代表。保育、仕事と子育ての両立の分野の執筆・講演活動を行うほか、国や自治体の保育・子ども施策に関わる委員会等の委員も務めている。著書に『共働き子育てを成功させる5つの鉄則』『共働き子育て入門 』(ともに集英社)、『はじめての保育園』(保育園を考える親の会編、主婦と生活社)、『「小1のカベ」に勝つ』(保育園を考える親の会編、実務教育出版)、『保育園は誰のもの』(岩波ブックレット)ほか多数。

…続きを読む