“人生100年時代”を迎えた今、会社を退職した後も、30~40年続く人生が私たちを待ち受けています。「定年退職なんて気にせずに、ライス・ワーク(ごはんを食べていくための仕事)とライフ・ワーク(自分の使命のための仕事)を一致させるような働き方ができたらいいな」と夢見る人は少なくないのではないでしょうか?
 特集の最終回は「ブレない志」をもって社会的意義のある分野を開拓してきたお二人に話を伺います。社会を良くするために起業したい、NPOを目指したいという人にとってヒントとなるノウハウをお届けします。

【起業で人生成功させる必須6条件 特集】
第1回 起業・NPOで目指せ“人生大化け”猛者6人が伝授
第2回 起業を成功させるうえで必要な「数字を読むスキル」
第3回 成功する人は人脈・コミュニケーションスキルが違う
第4回 企画力・マーケティング力あれば、あなたも大化け?
第5回 私の起業を支えた「実行力・やり抜く力」
第6回 グローバルスキルで起業 国内よりも海外にチャンス
第7回 ライフワークに出合い起業 ブレない志と持久力 ←今回はココ!

私たちの起業を支えた【志】

 最終回は「ブレない志」がテーマ。「放課後NPOアフタースクール」代表・平岩国泰さんと「AsMama」代表・甲田恵子さんにご登場いただきましょう!

「放課後NPOアフタースクール」代表・平岩国泰さん
●ブレない志があって、これだけよかった

 しばらく会社勤めとNPO運営を兼業した後、NPOに専念。勤めていた会社は大好きだったので正直、やめたくなかったが、わらじを一足にすることで心は安定した。会社員時代に比べて収入は減ったが、自由な時間が増え、社会の役に立てている幸福感と充実感を得られた。自分なりのライフワークを見つけたことで、来る100年ライフも楽しみに。志に共鳴し合えるいい仲間とも出会えた。

●スキルはこう身に付けた

※内容は次ページからご覧になれます

<次ページからの内容>
・ アフタースクールの話を聞いたとき、自分の中に大きなひらめきがあった
・ もうけられそうな事業も、志に反すれば手を出さない
・ 会社でうまくいかない人は、NPOに来たら、もっと厳しいことになる
「AsMama」代表・甲田恵子さん
●ブレない志があって、これだけよかった

 行政や大企業が手を出せていない社会課題の解決に着手できている充実感がある。2年、3年と志を訴え続けることで、共感し提携してくれる行政、保険会社、外部アドバイザーが現れ、事業の信頼度も増した。事業が軌道に乗り始め、いよいよ初志を実現するための新しいフェーズに来ている。会社員時代のサラリーとの格差に創業して数年は泣けてきたこともあったが、起業してよかったと心から思える。

●スキルはこう身に付けた

※内容は次ページからご覧になれます

<次ページからの内容>
・ 100回続けて、101回目には扉が開くかもしれないを繰り返した
・ ある日突然、レッドカーペットが目の前に敷かれた
・ 事業は自分自身のため? それとも社会のため?の問いに…

次ページから読める内容

  • 売り上げが立つと分かっていても、志から外れる道は選ばない
  • ブレずに訴え続けていると、ある日レッドカーペットが目の前に敷かれる

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る