“人生100年時代”を迎えた今、会社を退職した後も、30~40年続く人生が私たちを待ち受けています。「定年退職なんて気にせずに、ライス・ワーク(ごはんを食べていくための仕事)とライフ・ワーク(自分の使命のための仕事)を一致させるような働き方ができたらいいな」と夢見る人は少なくないのではないでしょうか?
 もし起業したりNPOを立ち上げたりすることに多少なりとも興味があるなら、成功する人の秘訣は何か知っておいたほうがいいはず。今回は、グローバルに活躍する2人の起業家たちに、グローバルビジネスに必要な条件と成功の極意を教えてもらいます。

【起業で人生成功させる必須6条件 特集】
第1回 起業・NPOで目指せ“人生大化け”猛者6人が伝授
第2回 起業を成功させるうえで必要な「数字を読むスキル」
第3回 成功する人は人脈・コミュニケーションスキルが違う
第4回 企画力・マーケティング力あれば、あなたも大化け?
第5回 私の起業を支えた「実行力・やり抜く力」
第6回 グローバルスキルで起業 国内よりも海外にチャンス ←今回はココ!
第7回 ライフワークに出合い起業 ブレない志と持久力

私たちが大化けした秘訣、その6 【グローバルスキル】

 今回のテーマは「グローバルスキル」。これからのビジネスを考えるうえで必要なノウハウをじっくりうかがいました!

「コンセプトアジア」代表・相馬順子さん
●グローバルスキルがあって、これだけよかった

 女性と男性が平等なグローバル環境で必死に競争し人脈を広げるなかで、自分なりのビジネス成功の法則を見つけられた。スパ・ビジネスの第一人者となり、ウェルネス業界の国際会議でアジアでは初めてのボードメンバーに任命された。

●スキルはこう身に付けた

※内容は次ページからご覧になれます

<次ページからの内容>
・ アジアのビジネス界では女性は男性と平等
・ 同僚たちと仕事を奪い合ったことで身に付けたスキル
・ 日本ではなく、海外起業を目指すといいワケ
「インドリーム」代表・長谷川峰子さん
●グローバルスキルがあって、これだけよかった

 後にビジネスパートナーとなるインド人女性と出会い、意気投合。語学力を生かして商談をまとめ、トラブルのときには単身でインドに向かい現地で商品買い付けを成功させた。日本では手に入りにくい貴重なストールも数多く取り扱えている。

●スキルはこう身に付けた

※内容は次ページからご覧になれます

<次ページからの内容>
・ 40歳からの10年間で英語力を取り戻した
・ 知り合ったばかりの外国人とビジネスすることを周囲は心配していた
・ 100年以上前の「アンティークの刺繍ショール」など貴重な品を入手

次ページから読める内容

  • 日本ではなく海外起業を目指すといいワケ
  • ブランクはあったものの、実践英語で事業立ち上げ

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る