読者の皆さま、こんにちは。日経DUAL編集長の片野温です。いつも日経DUALをご愛読くださり、ありがとうございます。本日は、サイトリニューアルのお知らせです。創刊して初めてとなる今回のリニューアルでは、「こんな機能があったらいいな」「あんな記事が読みたいな」をかなえる新しい便利機能やコンテンツを詰め込みました

日経DUALが共働き家庭を応援するWEBメディアとして生まれたのは、2013年11月。早いもので、5年半の月日が流れました。

毎日の暮らしで子どもたちと間近に接していると、時間の概念が分からなくなるほどの目覚ましい成長に目を丸くすることがあります。それとはもちろん違いますが、似たような感覚と言ったらいいのか、共働き家庭を取り巻く環境を5年半前と比較するとき、感慨深いものがあります。

各社が進めている働き方改革、女性活躍や男性育休への社会の注目など、確かな一歩一歩があり、日経DUALでも組織や一人ひとりの意欲と努力の取材を重ねてきました。

ただ、それでも大変なのがキャリア・子育ての両立生活です。パパとママが同じように、仕事と育児の楽しさや喜びを味わうことのできる社会に近づくために、取り組むべき課題はたくさんあります。

日経DUALは、8月1日からコンテンツと機能を大幅にパワーアップし、キャリア・子育て両立生活に奮闘する皆さまのもとへ、ますます役立つ情報とノウハウをお届けしていきます。

中でも、編集部が自信をもっておすすめするポイントは、以下の5つです。

■ 20本以上の新連載がスタート

仕事・キャリア、子育て・教育、家事・暮らし、パパなどのカテゴリーで、渾身の新連載をスタートします。子育て中の著名人の両立コラム、仕事に即役立つビジネススキル、企業人事戦略の話題や産業の裏側ルポ、人気作家によるDUAL家族が題材の小説、パパのドタバタ劇や夫婦の問題にスポットを当てた共感マンガ、などなど。マンガ連載では、スマホ画面でページをめくるような感覚で読める「コミックビューワー」機能もお使いいただけます。

■ 子どもの年齢別に記事を抽出「MY DUAL」

子どもの成長に伴い、育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。子どもの生まれた年月を登録すると、サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります

■ テーマ別読むべき記事が一目で分かる「DUAL NAVI」

「共働き生活新米ママ・パパ向け、年間を通していつ、何に備えておけばいいの?」「妊娠が分かったらまず読むべきは?」「職場復帰したらキャリアはどうなる?」。膨大な日経DUALの記事ストックの中から何を読むべきかが一目で分かる「DUAL NAVI」コーナーを用意。日経DUALの使い方をマンガで分かりやすく説明する「DUALの歩き方」もお楽しみに!

■ メルマガが読みやすくなる

登録会員へお届けしている日経DUALのメルマガ。リニューアル後は、写真が入って読みやすいHTMLメールに変わります。有料会員向けメルマガ「おでかけサポートメルマガ」も読みやすさがアップします。

■ コミュニケーション機能を強化

どなたでも利用できる「DUALフォーラム」と、有料会員向けのクローズドな「DUALラウンジ」。読者の皆さまとつながるオンライン会議室を開設し、日経DUALの編集者も積極的に参加します。例えば、すでに始動している妹媒体「日経doors」のフォーラムでは、「あなたの産み時は、いつ?」の話題が盛り上がっています。日経DUALも、リニューアルに先行して「パタハラ」がテーマのフォーラムを展開しました。

8月からパワー大増量する新生DUALに、ぜひご期待ください!
リニューアルの画面イメージはこちらから。
https://info.nikkeibp.co.jp/campaign/dual/201906/

日経DUALブランドムービー