子どもが「英語=楽しい!」と思えるから学び続けられる

 そんなヤマハ英語教室には、「英語のレッスンに通うのは楽しい!」と話す生徒の姿も多く見られると言います。その理由について、渡辺さんはこう分析します。

 「ヤマハ英語教室では、0歳児から2~3歳児クラスの1回50分、月3回のレッスンで、ママやパパと一緒に楽しむプログラムを組んでいます。共働きでいつも忙しい親御さんからすると、お子さんの習い事に毎回付き合うのは大変かもしれませんが、子どもたちからすると、だからこそレッスンが特別な時間となっている部分もあるようです。兄弟姉妹に邪魔されず、家事などの片手間ではない時間をママやパパと過ごせたことで、『英語=楽しい』というイメージが定着しているのだと思います」

 ただ、英語に自信のないママやパパからすると、「子どもに触れさせる英語が、自分でも大丈夫?」という心配はつきものです。しかし渡辺さんは、「きれいな発音で語りかけることよりも、まずは、ママやパパが英語を楽しんでいる姿を子どもに見せることが大切」だと強調します。

 「お子さんは、大好きなママやパパの話す英語だから真似しようとします。正しい英語の音やリズムは、レッスンで講師から学んだり、ご家庭でCDやDVDを視聴したりして自然と身についていきます。親御さんがプレッシャーを感じる必要はまったくありません」

「英語が楽しい!」という気持ちは、親が考える以上に、子どもにとっては重要なことなのかもしれません。

 「英語学習において大切なのは“継続”です。『英語を話せるようになりたい』という気持ちを強く持っていても、その先の受験英語などでは、壁にぶつかることもあると思います。そんなときに支えとなるのは、『英語が好き』という気持ち。だからこそヤマハ英語教室では、ママやパパと一緒に学ぶことを大切にしているのです」