川崎市多摩区の登戸第一公園付近の路上で起きた「川崎殺傷事件」。大人の男性と、カリタス小学校のスクールバスを待っていた小学生が殺害され、他にも多くの方が被害に遭いました。

小さなお子さんのいるDUAL読者にとって、この事件は決して対岸の火事ではありません。子どもを守るために親や社会に何ができるのか。今回は地域の安全や犯罪予防を研究する立正大学教授の小宮信夫さんにこの事件を分析してもらいました。

犯罪予防のプロが事件現場を歩いて分かったこと

 私が実際に犯行現場へ出向き、真っ先に目に飛び込んできたのはあふれんばかりの献花でした。これまでさまざまな現場へ出向きましたが、あれほどの数の献花を見たことがありません。その様子だけでも、川崎殺傷事件が社会に与えたインパクトがいかに大きかったのかが分かります。

2019年6月3日、神奈川県川崎市の登戸第一公園付近で起きた事件現場にて。 多くの花束が供えられていた

 岩崎隆一容疑者の足取りを辿ってみたところ、事件当日の彼の思考が少しずつ見えてきました。犯罪者の思考パターンを知ることは、こうした事件を予防するのに大変役立ちます。これから詳しく説明していきたいと思います。

 事件当日、まず岩崎容疑者は川崎市の登戸駅から出ると、すぐに児童たちのいる現場に向かうのではなく、線路沿いの道を歩いていました。なぜ、その道を歩いていたのか?

容疑者が犯行前に歩いた線路沿いの道。 ここで容疑者は数人の児童を目にしたはずだが、犯行には至らなかった

次ページから読める内容

  • なぜ「カリタス小学校の児童たち」が狙われたのか
  • 名門校に通う児童は妬まれるリスクが高くなる
  • 警備を増やすことが本当に正解なのか?
  • 最新テクノロジーが、通行人の心理状態を自動解析しリスクを察知する

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。