創立110周年を迎える中村中学校・高等学校。生徒が自ら伸びる教育を信念に、生徒がなりたい自分を探し、近づくための手厚いサポートを行っている。キャリアデザイン、ダイバーシティ推進など、時代のニーズに応じさまざまな取り組みを進めている同校。今回は中学校の英語教育を中心に、江藤健教頭にお話をうかがった。

中村中学校 江藤健教頭

世代を超えて広がるフルートの輪

 中村学園の特徴の一つに、フルートがある。中1~中3までの3年間と、高1は選択制でフルートの時間が設けられており、20年以上続く同校の伝統だ。

 「情操教育の一環として取り入れたのがフルートです。持ち運びがしやすく、どこでも練習できることなどからフルートを選びました。最初はみな初心者で、音が出るまでに時間がかかりますが、吹けるようになるとどんどん楽しくなっていくようです」。江藤先生は、導入の経緯をそう話す。

 練習の成果は、秋に行われる「ぴっころコンサート」で発表。学年が上がるごとに演奏のレベルが上がっていく様子が歴然とわかるという。高2、高3でもフルートを続ける生徒や、大学、社会人になっても続けている卒業生も多く、謝恩会や結婚式などで演奏したり、留学先で演奏を披露する生徒もいるそうだ。そのため同校では、月2回程度OGのためのレッスンを行っている。また保護者からの声に応じて保護者向けのレッスンも行っており、世代を超えたフルートの輪が広がっている。

英語に自然に触れる機会を数多く用意

 中村の英語教育は、6年一貫教育の優位性を活かして「読む」「書く」「聴く」「話す」の4技能をバランス良く伸ばすとともに、ツールとして使える英語力を磨くことを目標としている。

 中学では週6時間の英語の授業のうち、1時間はネイティブ教員による英会話。クラスを2分割して少人数で行われるため発言する機会も多く、楽しみながら英語に触れることができる。

 授業以外にも、同校ではさまざまな形で英語に親しむ工夫がなされている。一つはJETプログラム(※)から派遣されたアシスタント講師の存在。英語の授業のサポートだけでなく、体育の授業や部活動にも参加しており、普段の生活の中で英語が飛び交っている。

 また、同校には毎日朝読書の時間があるが、週に1日「洋書の日」が設けられており、各自洋書BOXから好きな洋書を選んで読み進めている。1冊読み終えるとシールを与え、たくさんシールを獲得した人を「Reading Queen」として表彰している。

 秋に行われる英語発表会(NAKAMURA English Day)は、校内が英語一色に染まる日。中1は物語の暗誦、中2は「国内Summer School」プレゼンテーション、中3は有名な演説の暗誦や外部スピーチコンテスト出場者の発表と、各学年それぞれテーマに沿って一生懸命取り組んできた成果を発表する。

 加えて2019年4月には、英語の部屋〝PLAZA〟が開設された。PLAZAにはネイティブ講師が常駐するほか、英語に関する本や資料を用意。生徒が昼休みや放課後などに気軽に立ち寄り、英語での会話を楽しめる場所になるよう、整備を進めている。

 こうした環境の中、生徒の英語力はどのくらい伸びているのだろうか。中学校では、英語力の進捗を客観的に把握するためにTOEFL Primaryテストを年2回受験しているが、中1の9月と中3・2月の結果を見ると伸びがよくわかる。

「現高1生の、CEFR(セファール※)でA2レベルに到達している生徒の割合を紹介しましょう。リスニングでは、中1・9月のテストでは32.1%だったのが、中3・2月には73.6%にアップ。リーディングでは中1・9月時点で6.2%に過ぎなかったのが、中3・2月には59.7%まで上がりました。この数字から、生徒の英語力が3年間で大きく伸びていることがわかると思います」と江藤先生は誇らしげに語ってくれた。

※JETプログラム=語学指導等を行う外国青年招致事業(The Japan Exchange and Teaching Programme)。外国青年を招致して地方自治体等で任用し、外国語教育の充実と地域の国際交流の推進を図る事業。
※CEFR=Common European Framework of Reference for Languages : Learning, teaching, assessment : 外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠。A1~C2まである。