多くの小学校でがんをテーマに健康や命の大切さについて主体的に学ぶ授業が始まっています(※)。家でがんについて語り合ったことはありますか? 話題のがん保険と医療保険との違いを理解していますか? 知って、考え、そして備えることで家族は大きな安心感を得られることに。「ママが35歳」が備え直しのタイミング――こう教えてくれるのは、がんサバイバーであるFP(ファイナンシャルプランナー)の黒田尚子さんです。
※文部科学省「がん教育の実施状況調査の結果について」によると平成30年度、全国の小学校では56.3%でがんについての授業を実施。

◇「親のがんと子ども」スペシャル◇
 ――3回連続でお届けします――


第1回 「ママのがん」について調べた13歳のメッセージ

第2回 がんサバイバーFPが語る「治療と娘とおカネのこと」

第3回 がん保険解体新書「家族と保険のベストバランス」←★今回はココ!

ママががんになる方が世帯の経済的ダメージは大⁉

ファイナンシャル・プランナー 黒田尚子さん●10年前、全く予期しなかった乳がんに罹患。がんについての知識不足、当時5歳の娘の心のケア、保険の用意などに関して反省や気づきが多々あり、復帰後はピアサポートにも注力。がん患者の家計相談、がん教育についての提言などを精力的に行っている
ファイナンシャル・プランナー 黒田尚子さん●10年前、全く予期しなかった乳がんに罹患。がんについての知識不足、当時5歳の娘の心のケア、保険の用意などに関して反省や気づきが多々あり、復帰後はピアサポートにも注力。がん患者の家計相談、がん教育についての提言などを精力的に行っている

 昨今、がんは、死ぬ病ではなく、一定期間仕事をセーブし復帰に向けて治療する病気に変化してきている。がん診断から再びフルタイムで働けるようになるまでの期間は、がんの種類や治療内容によってむろん異なる。黒田さんは、FPとして、また多くのがん患者の相談にものってきた知見から鑑みて、「がんのための備えを考える場合、『治療、時短勤務を経て、フルタイムに戻れるまでは6~7カ月』と想定すると行動しやすいでしょう」とアドバイスする。

 備えるべきはこの時期の減収といくつかの出費だ。共働きの子育て世帯で夫婦のいずれかががんになると、そのパートナーの収入も減る傾向があると言う。「パートナーも育児や家事の負担が増えるので、残業や出張がしづらくなり、収入がダウンしてしまうためです」

 そして一般的には、「ママががんになったことによって生じる、家事代行料やシッター代といった治療費以外のコストの方が、パパが罹患した場合より大きくなりやすい」と指摘する。いずれも、多くのがん患者のマネー相談にのってきた黒田さんの実感だ。

 「にもかかわらず、保険の加入状況を見ると、パパの保障は充実しているが、ママの保障は手薄な家庭が多い」。これは、保険の保障プランを妻が決める家が多く、「夫にもしものことがあったら、自分はどうなるだろう」と、パパの死亡保障や医療保障ばかりを上積みしてしまうからだろう。

 このような傾向を知ったうえで、いざという時のための備え方を見ていこう。