今年も認可保育園の入園可否が判明する時期になりました。育休明け復帰支援事業を行っている「ここるく」代表取締役の山下真実さんによる解説記事「保活/認可園の合否判明後にやるべき3つのこと」に続き、本記事では、2019年10月に実施した日経DUALの保活セミナーから、認可園に落ちた経験を持つ編集部員たちの体験談を抜き出して紹介します。

赤ちゃん連れの読者も参加。専門家が保活のノウハウを伝授

 保活セミナーは2部形式。第1部では「ここるく」代表取締役の山下真実さんが講演を行いました。保活を成功させるために重視すべき3つのキーワードを示した後、保育施設の違いを丁寧に説明。保育施設には、認可園以外にも、認可外や認証、認定こども園、小規模保育所などさまざまな施設があり、自治体によっても呼び方が違います。参加者たちは熱心に耳を傾けていました。

 続いて、認可保育園にフォーカスした保活のステップとして、情報の集め方や、見学するときのポイント、さらには自分の指数だとどの保育園に入れるかを推測するための自治体窓口でのヒアリングの方法や、申請書の書き方のコツが伝えられました。

 認可外保育園の保活については、認可園と異なる見学のポイントとともに、入園可否が指数に寄らない認可外園では親も園側から見られている、などのアドバイスがなされました。

 第1部はここまで。休憩を挟んだ第2部では「現役共働きママによる保育園赤裸々トーク」を展開します。話をしたうちの4人は日経DUALの編集部員で、その中の3人が最初の保活で認可に落ちた経験の持ち主です。

 保育園探しで便利なのが、日経DUALの有料会員限定サービス「みんなのラクラク保育園検索」です。「ラクラク保育園検索」の詳細はこちらの記事をご参照ください。

 隣の区や勤務先の近くの情報は、個別に調べる必要があり、範囲を広げて保育園を探すのに役立ちます。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の主要85自治体と大阪市の計86自治体をカバーし、2019年度は約9700施設の情報を掲載。通常の認可保育園だけでなく、認証・認定保育園や小規模保育園(認可の一種)も網羅されています。それぞれの園の受け入れ開始月齢やクラスごとの定員、開所時間が分かりやすく表示されており、気になる保育園を保存できる「クリップ機能」や、自宅から近い保育園、勤務地から近い保育園を地図上で表示する機能もあるので、効率的な情報収集ができます。

 86自治体の「入園決定率」「認可整備率」「園庭保有率」などの保育園関連データを確認したり、都道府県ごとの順位を比較したりできる「あなたの街の保育園事情分析(有料会員向けサービス)」もお勧めです。会員でない方、無料会員の方は、この機会にぜひ、日経DUALの記事がすべて読み放題になるなどさまざまな特典が得られる有料会員(月額825円)にお申し込みください。登録はこちらから。

写真はイメージ
写真はイメージ

次ページから読める内容

  • 2年目に2次募集で認可へ転園したA
  • 認可外へ入ったB。保育内容が気に入り2人目も同じ園へ
  • 認証を経て認可へ転園するも、民営化に悩まされたC
  • 遠隔で保活をスタートしたD。インターネットで情報収集

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。