子育てに奮闘する家族のケーススタディ追ったドキュメンタリー映画『ママをやめてもいいですか⁉』。この作品にコミカルなスパイスを加えているのが、大泉洋さんのナレーションだ。自身も小学生の娘を育てるパパである大泉さんに、夫婦について語ってもらった前編に続き、自身の子育てや、子育てで大事にしていることを聞いた。

娘といる以上に楽しいことはない!

―― 大泉さんが娘さんを大変かわいがり、一緒の時間を大切にしていることはバラエティ番組やエッセーからよく伝わってきます。

大泉洋さん(以下、大泉) 娘と過ごす時間以上に楽しいことなんてないですよ。「今の娘」と少しでも長く一緒にいたい、という気持ちは生まれてからこれまで揺るぎません。「娘がかわいいの世界記録」は毎日更新されていますよ。

 娘が寝る前にすること……歯を磨いて、トイレに行って、ベッドに連れていく一連の時間は娘に自分の足で歩かせることをしていません(笑)。

 「歯を磨くのね? じゃいくよ!」とガッと抱っこして洗面台に連れていき、終わったらトイレ。最後はベッドに連れていく。その間、娘はずっと宙に浮いています。つまり私が抱っこをしているんです(笑)。

 個人差はあるのでしょうが、小学生の娘は今のところ「パパ、いや!」はまったくありません。

 昨年の夏はこんなことがありました。私が暑いなかランニングをして帰宅しました。汗をかいているからすぐにシャワーを浴びようと服を脱いでいたら、娘は目の前で両手をばんざい。

 なんと「だっこして!」とお願いしてきたんです。

 服を脱いでも汗だくで、からだはべちゃべちゃの状態ですよ(苦笑)。「今?」と目を丸くしましたよ。娘だって汗だくの状態のパパは見えているだろうし、その上で「だっこ!」と言っているわけですからね(笑)。まだまだ、「パパ大好き」です。

 今の娘とできるだけ一緒に、少しでも長く過ごしたい。もうそれは「焦っている」といっても過言ではありませんね。

 大きな理由は2つあって、1つは、娘が「パパ大好き」と言ってくれる時期は今だけだと思うから。娘を持つ先輩パパたちの助言によると、娘が思春期に突入する前には「パパ臭い」と言われるそうです。信じたくはないですけど。

 だから撮影の間も1時間娘といられるなら、片道30分までなら帰宅しています。仕事の会食やマネジャーとの打ち合わせも、可能であれば娘が寝た後にしてもらっています。

次ページから読める内容

  • 泣く娘の歯を磨くことが苦手だった
  • 子どもは小さい頃の記憶を持っていけないから

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る