日経DUALにて「矢沢心と魔裟斗の『諦めない不妊治療』」を連載、書籍『夫婦で歩んだ不妊治療』を上梓した矢沢心さん。その矢沢さんが「自分の不妊治療経験を伝えて、お母さんになりたい人を応援したい」と企画し、不妊治療で悩んでいる女性の“心のもやもや”が晴れるような場を目指して不定期に開催している「お茶会」にお邪魔しました。

 お茶会は「病院の選び方」「妊活中の心の支え方」「パートナーとの関係」「自分を褒めてあげる」という4つのテーマで進行。リポート第3弾は、「パートナーとの関係」について3回にわたってお届けします。今回は中編に続く下編です。

【お茶会出席者のプロフィール】

Eさん
41歳。パートで勤務。37歳で結婚、38歳のときに自然妊娠したが7週で稽留(けいりゅう)流産(胎児が死亡してしまっていて、妊娠が継続できない状態になっても、まだ出産・腹痛などの症状がなく、胎児が子宮内にとどまっている状態のこと)。その後も自然妊娠を目指したが授からず、39歳で不妊治療クリニックを受診。医師が勧める通り、タイミング法から人工授精、体外受精にステップアップ。体外受精に2回トライしたが授からなかったため、現在は人工授精にステップダウンしている。

Aさん
35歳。フルタイム正社員で勤務。不妊治療を始めてから2年。体外受精に4回トライしたが妊娠しなかったため、一度治療をお休みした今年の春に自然妊娠。しかし8週で流産。身体的にも精神的にもなかなか前向きになれず、不安な気持ちで日々を過ごしている。

Yさん
30歳。26歳で結婚し、すぐに自己流で妊活を始めたが2年間授からなかったため、不妊専門クリニックを受診。片側の卵管閉塞が発覚し、手術のため転院。その後人工授精に6回トライするが妊娠に至らず、昨年末から体外受精にステップアップ。1回目で着床したが胎嚢確認前に流産、2回目は着床しなかったため、フルタイム正社員で勤務していた会社を退職し、治療に専念することを決断した。

日常がハッピーだと人生が豊かになる

矢沢心さん(以下、矢沢) EさんもYさんも、夫を顔ではなくて中身で選び、その決断は間違っていなかったということですね。

Yさん 正直に言えば、カッコいい人と付き合いたかったですけど(笑)、カッコいい人だと緊張してしまうし、浮気の心配もしなくちゃいけないかなと思います。「自分よりかわいい人はたくさんいる」とも思いますし。

Eさん 分かります! 顔で選ぶと、気を使っちゃいますよね。私は、結婚前はそこで選んでいたので、結婚するときは「もういいや」と思いました(笑)。

Yさん だから、よく「夫のスマホをこっそり見る」とか言いますけど、うちは本当に全然その心配がなくて。

矢沢 それほど信頼しているんですね。ちゃんと絆ができているということだと思います。

 私も若いころは不安になったり、色々心配したりしましたが、うちの夫は実際に不安を感じさせるようなことはしない人なので、良かったなと思います。それが今の仲の良さにつながっているのかなと。

Yさん でも、きっとカッコいいほうが自慢にはなりますよね(笑)。

矢沢 「カッコいい」は飽きちゃいますよ。それはTVで見ているだけでいいんじゃないかな。例えば、私たちは日本人で基本は和食ですけど、たまにフレンチとかイタリアンを食べるとすごくおいしくて、いい気分になる。でも、毎日食べて「おいしいね」「やっぱりこの味だね」と思えるのは和食かなと思うんです。

 それと同じで、きっと自分に合う「居心地のいい人」というのは、飽きずに毎日一緒にいられる人。うちの夫が私を選んでくれたのは、多分そこかなと思うんです。

Aさん うちも、私の好きなタイプの顔ではなかったんですが、お互いによく話すほうで、話す順番を取り合うくらい、家ではずっと話しています。Yさんの旦那さんがしっかりしているお話を聞いて、ちょっと羨ましいなと思いましたけれど。

Yさん でも、リアクションがなさ過ぎるのも、「もうちょっと反応して」と言いたくなりますよ(苦笑)。言ってくれないと分からないですし。

Aさん うちはお互いに話し過ぎてぶつかることがあります(笑)。でも、確かにお互いの意見を言い合えますし、2人で話しているだけで時間が過ぎていくので、「どこかに出かけたい」とか「何か食べに行きたい」とかはあまり思わないです。「多分、何もなくてもずっと一緒にいられるね」と話したりします。

矢沢 幸せですね! すてきです。やっぱり、大事なことは会話だと思います。コミュニケーションがとれないと、相手がどう思っているのか分からないし、自分の気持ちも伝えられないから、ストレスがたまりますよね。会話があれば、相手のことを知ることができるし、自分のことも分かってもらえる。

 こうやって、相手のいいところを見つけるだけで、なんだか気持ちがほっこりしませんか? 一緒にいるだけで幸せな気分になれるのって、すごく大切なことだと思うんです。やっぱり日常がハッピーだと、人生も自分の心も豊かになるので、たまに「私は相手のどういうところが好きなのかな?」と自分に聞いてみるといいんじゃないかと思います。

夫婦の日常のコミュニケーションが不妊治療にも生きる

(取材・文/荒木晶子 イメージカット/iStock)

本連載をまとめた書籍『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』がついに発売!
夫婦それぞれの視点から不妊治療の体験を綴った、
不妊治療で悩むすべての人に届けたいメッセージ
『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』 (本体1300円+税)

● 妊娠するチャンスは1年に12回だけ
● セコンド役の夫と2人で迎えた、出産の瞬間
● 流産をきっかけに初めて知った妻の気持ち
● “試験管ベビー”という言葉に負けたくなかった
● 不妊治療の経験者は、思っている以上にたくさんいる
● 経験者が語る「不妊治療Q&A」その他

日経BPブックナビで購入する  ●Amazonで購入する

矢沢心
女優・タレント
矢沢心 1981年東京生まれ。1997年映画でデビュー。夫である魔裟斗さんは、日本人初のK-1世界王者として知られる。著書に『ベビ待ちゴコロの支え方』(主婦の友社)など。日々の暮らしをつづったオフィシャルブログも人気。
「コロコロこころ」https://ameblo.jp/yazawa-shin/