日経DUALにて「矢沢心と魔裟斗の『諦めない不妊治療』」を連載、書籍『夫婦で歩んだ不妊治療』を上梓した矢沢心さん。その矢沢さんが「自分の不妊治療経験を伝えて、お母さんになりたい人を応援したい」と企画し、不妊治療で悩んでいる女性の“心のもやもや”が晴れるような場を目指して不定期に開催している「お茶会」にお邪魔しました。

 お茶会は「病院の選び方」「妊活中の心の支え方」「パートナーとの関係」「自分を褒めてあげる」という4つのテーマで進行。リポート第3弾は、「パートナーとの関係」について3回にわたってお届けします。今回は上編に続く中編です。

【お茶会出席者のプロフィール】

Eさん
41歳。パートで勤務。37歳で結婚、38歳のときに自然妊娠したが7週で稽留(けいりゅう)流産(胎児が死亡してしまっていて、妊娠が継続できない状態になっても、まだ出産・腹痛などの症状がなく、胎児が子宮内にとどまっている状態のこと)。その後も自然妊娠を目指したが授からず、39歳で不妊治療クリニックを受診。医師が勧める通り、タイミング法から人工授精、体外受精にステップアップ。体外受精に2回トライしたが授からなかったため、現在は人工授精にステップダウンしている。

Aさん
35歳。フルタイム正社員で勤務。不妊治療を始めてから2年。体外受精に4回トライしたが妊娠しなかったため、一度治療をお休みした今年の春に自然妊娠。しかし8週で流産。身体的にも精神的にもなかなか前向きになれず、不安な気持ちで日々を過ごしている。

Yさん
30歳。26歳で結婚し、すぐに自己流で妊活を始めたが2年間授からなかったため、不妊専門クリニックを受診。片側の卵管閉塞が発覚し、手術のため転院。その後人工授精に6回トライするが妊娠に至らず、昨年末から体外受精にステップアップ。1回目で着床したが胎嚢確認前に流産、2回目は着床しなかったため、フルタイム正社員で勤務していた会社を退職し、治療に専念することを決断した。

相手のことが好きだから、2人の子どもが欲しい

矢沢心さん(以下、矢沢) 皆さんが旦那さんと仲良しということはよく分かりました。私は夫のことを今でも「好き」って言えるんですけど、皆さんはどうですか?

Eさん 好き……ですか。「いい人だな」という感情はあるんですけど、顔で選んだわけではないので(笑)、好きなのかどうかはよく分からないですね。でも、人としてはすごく好きだし、安心します。

矢沢 ほら、「好き」っていう言葉が出るじゃないですか(笑)。

Eさん あ、私、夫のことが好きなんですね。今、心さんに言われて思いました(苦笑)。

矢沢 顔じゃなくて人として好き(笑)。それもとてもすてきだなと思います。だって、そうしたら夫婦の会話が成り立つし、その結果、家の中が明るくなりますから。

Eさん 確かに、「この人との子どもが欲しい」という気持ちはすごくあります。そう考えるとやっぱり、好きだからなんでしょうね。だから2人の子どもが見たいし、つらくても頑張れる。

矢沢 こういうことって、今さら友人同士でもなかなか話しませんよね。もう夫婦になっていて、隣にいるのが当たり前だから。でも、あえて言ってみると、改めて相手のことを大切に思えるのではないでしょうか。

Yさん うちの夫も全然カッコよくないし、好きなタイプではないんです。「何が何でもこの人と結婚したい!」とか、ドキドキワクワクとかも全然なくて。

矢沢 でも、お付き合いは長いんですよね。どちらから結婚しようと言ったんですか?

Yさん どちらからというのもなかったです。夫の実家は九州で、年に1回くらい帰省するときに一緒に行って、夫のご両親に挨拶して。そのときにジュエリーショップに貼ってあったポスターを見ていたら、店員さんが声をかけてきて、勧められるままに指輪を買ってしまったんですね。

 ただ、付き合った当初はもちろん結婚は考えていなかったんですけど、一緒にいて安心する人という印象は最初からあって、私は別れてまた別の人と結婚するというのは考えていなかったです。聞いたことはないですけど、夫も多分そうじゃなかったかなと思います。

矢沢 じゃあ、プロポーズの言葉もなかったんですか?

Yさん そうですね。「結婚式をするなら海外がいいよね」「でも、休めるときじゃなきゃダメだね」という話をしたことはあったんですけど、指輪のケースをパカッと開いて「結婚してください」みたいなプロポーズはなかったですね。

 夫がちょうど転職が決まって、在籍していた会社で有休消化をしなくちゃいけないときに、私も「この時期だったら休めるかな」となって、そのまま流れで結婚したという感じです(笑)。

矢沢 もう、隣にいるのが当たり前という前提になっていたんですね。それは運命の人だと思いますよ。旦那さんの自慢できるところって、ありますか?

Yさん ないですね。目も小さいし(笑)。でも、私は思ったことが顔に出やすいんですけど、夫は感情のコントロールができるんです。感情のスイッチを自動的にオフにする才能があって、後で聞くと「イラッとした」と言うんですけど、顔にも態度にも全く出ない。そういうのは羨ましいなと思います。

矢沢 もしかしたら、愚痴も言わない?

Yさん 一切聞いたことがないです。彼は私より仕事が終わる時間が遅くて、終電で帰ってくることもあるのに、「疲れた」という言葉も、結婚してからほとんど聞いたことがないですね。仕事上でイヤなことがあったとか、嫌いな人がいるとか、そんな話も聞いたことありません。

 口数は少ないけど、態度で示すようなところがあるのは、「男らしいのかな」と思います。

矢沢 十分自慢できるポイントじゃないですか! すごく包容力のある旦那さんなんですね。相手にイヤな思いをさせない人って、素晴らしいなと思います。

矢沢さんと、夫の魔裟斗さん(座談会とは無関係です)

(取材・文/荒木晶子 写真/鈴木愛子)

本連載をまとめた書籍『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』がついに発売!
夫婦それぞれの視点から不妊治療の体験を綴った、
不妊治療で悩むすべての人に届けたいメッセージ
『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』 (本体1300円+税)

● 妊娠するチャンスは1年に12回だけ
● セコンド役の夫と2人で迎えた、出産の瞬間
● 流産をきっかけに初めて知った妻の気持ち
● “試験管ベビー”という言葉に負けたくなかった
● 不妊治療の経験者は、思っている以上にたくさんいる
● 経験者が語る「不妊治療Q&A」その他

日経BPブックナビで購入する  ●Amazonで購入する

矢沢心
女優・タレント
矢沢心 1981年東京生まれ。1997年映画でデビュー。夫である魔裟斗さんは、日本人初のK-1世界王者として知られる。著書に『ベビ待ちゴコロの支え方』(主婦の友社)など。日々の暮らしをつづったオフィシャルブログも人気。
「コロコロこころ」https://ameblo.jp/yazawa-shin/