日経DUALで2019年2月まで4年間連載し、思わずクスッとしてしまうゆるさで人気を博した「パンダ親父」。その著者の岡山進矢さんと、同じく2019年3月まで「健気なボクと毛無毛なパパ」を連載していたエイイチさんの「パパマンガ家対談」を開催します。連載のきっかけやこぼれ話、フリーランス共働きパパならではの苦労話、子育てや妻との関係などについて、ざっくばらんに話し合ってもらいました。

最終回のテーマは「キャリアにおける日経DUALの連載とは」。人生100年時代、働き方も人それぞれ、流動的なものになってきています。そんな中でこれからのキャリアを考えたとき、連載はお二人にとってどんな意味があったのでしょうか。

「漫画ばっかり読んで!」と叱った親に見せたい

日経DUAL編集部(以下、――) 「人生100年時代」と言われるようになりましたが、ここから先のご自身のキャリアを考えたときに、連載をしたことはどんな意味があったと思われますか?

岡山進矢さん(以下、岡山) 僕は、これからもフリーランスで仕事をしていくことになると思いますが、日経DUALで自分の名前で作品を発表できたことは大きな意味があったと考えています。また機会があれば、ぜひ仕事をさせてもらいたいと思います。

 連載の集大成として電子書籍を出せたことも、自分の中ではとても大きな節目になりました。これがまた何らかの形で、次のステップにつながればいいなと思っています。

 小さい頃、親に「また漫画ばっかり読んで!」と、1億回くらい叱られました。本になったよって、自慢したいですね。「あれは、このために頑張っていたんだよ」って(笑)。

岡山進矢さん(イラスト)

エイイチ 僕は、まさに子育て中というリアルタイムで、日経DUALに描かせてもらったことが、本当に光栄でした。岡山さんのような架空の話を創るというのはちょっと苦手なんですが、実際に子育てをしている今が、一番リアルを描けるときだと思っているんです。そのタイミングで連載を持てたということが、心からうれしいです。

岡山 エイイチさん、忙しい中、対談にお付き合いくださってありがとうございました。そして日経DUAL読者の皆さん、4年以上の長きにわたり、本当にありがとうございました。今また新しい企画を考えているので、まだまだパンダ親父は終わらない……と思いますが、一つの区切りとしてお願いがあります。本買ってください!

 それではまたお会いできることを楽しみにしております。

日経DUALの人気連載「パンダ親父」をまとめた電子書籍『パンダ親父』がついに発売!

笑いアリ、苦笑アリ、4コマの巨匠、吉田戦車さんも「やや絶賛」の充実した内容となっています。
書籍用に描き下ろした「未公開4コマ」に加え、絵本バージョン「パンダ親父」も盛り込まれています。
ぜひ「ポチっと」ご購入ください!

『パンダ親父』(本体900円+税)
●春の章
●夏の章
●秋の章
●冬の章
●パンダ親父絵本「パパはおとな」

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

Kindle、楽天Kobo、honto、Kinoppy、BookLive! 他、国内の主要電子書籍ストアでご購入いただけます。

構成/荒木晶子 イラスト/岡山進矢、エイイチ

岡山進矢(おかやま しんや)
岡山進矢(おかやま・しんや) 熊本県出身、東京在住。多摩美術大学染織デザイン科卒業後、広告プロダクション勤務を経て独立。2014年12月から2019年2月まで、日経DUALで四コマ漫画「パンダ親父」を連載。主にグラフィックデザイナーとして、雑誌や新聞、広告などの印刷媒体で仕事をしつつ、イラストレーターやライターとしても活動。Tシャツブランド「エスケープ・ゴースト」主宰。沖縄好きが高じて、泡盛関連のデザインやPR活動も。妻、小学校3年生の長男、保育園年長の長女の4人家族。
エイイチ
エイイチ 神奈川県在住。2017年2月から2019年3月まで日経DUALで「健気なボクと毛無毛なパパ」を連載。デザイン会社に勤務したのち、「子育てや家事にもっと協力していきたい」という思いも含めて独立。イラストレーターとして、全国誌にて芸能人の似顔絵や挿絵などを描く他、ロゴデザインから学校の教育アニメや公共CMアニメなどの動画まで、幅広く企画から手掛ける。妻、保育園年長の長男の3人家族。https://a-ichi.jp/