日経DUALで2019年2月まで4年間連載し、思わずクスッとしてしまうゆるさで人気を博した「パンダ親父」。その著者の岡山進矢さんと、同じく2019年3月まで「健気なボクと毛無毛なパパ」を連載していたエイイチさんの「パパマンガ家対談」を開催します。連載のきっかけやこぼれ話、フリーランス共働きパパならではの苦労話、子育てや妻との関係などについて、ざっくばらんに話し合ってもらいました。

第6回のテーマは「フリーランスという働き方」。なかなか家に帰れない会社員時代を経験した二人が、子育てする上で感じるフリーランスのよさについてです。

ママもいる日はあえて自分がすべてやる

日経DUAL編集部(以下、――) 会社員時代は会社に泊まったり、深夜に帰宅して始発で出勤したりと、ハードな生活を送っていたお二人ですが、フリーランスになった現在は保育園の送り迎えなど、子育てに積極的に関わっています。仕事と育児を両立するにあたってのフリーランスならではのよさは何だと思われますか?

岡山進矢さん(イラスト)

岡山進矢さん(以下、岡山) 一般的にはママしか経験できないようなことを、パパとして経験できることが多い、と言えるかもしれません。うちは、夫婦ともにフリーランスなので、いつ仕事が入って、いつ休みになるか分かりません。なので、お互いにパズルのピースを埋め合うような子育てをしています。

 例えば、子どもの運動会を僕だけが見に行ったり、普通はママが同行する遠足などのイベントに僕が参加したりといったことです。そういう行事だけじゃなくて、ママが泊まりの仕事で明日まで帰ってこないというときには、僕と子どもたちだけで過ごすこともよくあります。そういうことは、会社員家庭ではなかなか難しい面があるのではないでしょうか。

―― では、お子さんはいわゆる「パパっ子」ですか?

岡山 いや、どちらかといえば「ママが好き」と言われることのほうが多いですね(苦笑)。なんだかんだ言って、子どもと過ごす時間自体はママのほうが長いですから。

 だから、家にいるときは僕が全部やってやろうと思っていて、僕と妻の両方が家にいるときは、料理もお風呂も寝かしつけも、基本的に僕がやっているんです。それだけ頑張っているつもりなんですが、寝かしつけで添い寝すると「ママがいい~」って言われたりして(泣)。せめての強がりで「ママに聞こえるようにもっと大きな声で言ってあげな」と言ったりしますが。

―― それはなかなか切ないですね…。エイイチさんのお宅はどうですか?

日経DUALの人気連載「パンダ親父」をまとめた電子書籍『パンダ親父』がついに発売!

笑いアリ、苦笑アリ、4コマの巨匠、吉田戦車さんも「やや絶賛」の充実した内容となっています。
書籍用に描き下ろした「未公開4コマ」に加え、絵本バージョン「パンダ親父」も盛り込まれています。
ぜひ「ポチっと」ご購入ください!

『パンダ親父』(本体900円+税)
●春の章
●夏の章
●秋の章
●冬の章
●パンダ親父絵本「パパはおとな」

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

Kindle、楽天Kobo、honto、Kinoppy、BookLive! 他、国内の主要電子書籍ストアでご購入いただけます。