パートナーシップの形はさまざまですが、夫婦になるとセックスには「したい、したくない」という感情とは別に、「子作り」という明確な目的が加わります。そこに立ちはだかるのが「セックスレス」のハードル。今回は、性の事情に詳しい助産師 清水幹子さんにファシリテーターをお願いし、都内で働くパパ3人とママ5人に、それぞれの座談会で夫婦の性生活における悩みの「ホントのところ」を語ってもらいました。果たしてみんなの本音は?

【1人っ子確定? 2人目どうする問題のリアル】特集
(1) 1人っ子親の約9割「理想の子どもの数は2人以上」
(2) 不妊治療 諦められない2人目…モヤモヤはいつまで
(3) 子どもを理由にしない 夫婦のセックスレス脱却法   ←今回はココ
(4) 求める夫と逃げる妻 男女別セックスレスの言い分
(5) 出産を機に上の子をかわいく思えなくなった…なぜ?

理想の子どもの数は2人。それでも夫婦はセックスレス

 日経DUALでは、「2人目どうする問題」のアンケートを実施しました(2019年6月6日~30日に実施。回答者数は199人)。アンケートで「2人目不妊を経験したことがありますか」の問いに「ない」と答えた人以外の、「ある」「わからない」と回答した人(n=106)に2人目不妊の要因として思い当たるものを尋ねたところ、以下のような結果となりました。

 2人目不妊の理由はなんですか?

 なんと1位は、「夫婦でセックスレス(42.5%)」という結果に!

 また、2017年に実施した別のアンケート(回答者数200人)では、「夫婦間でのセックスが好きか?」という質問に対し、7割近くの人が「パートナーとのセックスが好き・どちらかと言えば好き」と回答しているにもかかわらず、「数年以上セックスしていない人(26.1%)」がもっとも多いという、矛盾した結果に。このギャップは一体、どこからくるのでしょうか?

 理由としては、「子どもがいるのでセックスできる環境にない(56.7%)」「仕事などで疲れている(49%)」「夫婦間のコミュニケーション不足(28.8%)」「性欲の減退(26.9%)」という順に多い結果に。2人目も欲しいしセックスは嫌いではない、けれども「セックスできる状況にはない」という現状が浮き彫りになったのです。

 今回のアンケートでも、「上の子と寝室が同じなどの理由で、なかなか子づくりができない(30.2%)」「仕事が忙しくて顔を合わせる機会がない(18.9%)」の回答が目立ちました。

 そこで、今回の特集では「緊急会議」を開催! 「共働きのDUAL夫婦のセックスレス解消法」について調査したところ、「そこまでする?」という驚きの体験談や、簡単に子どもと寝室を分けるテクニックなども飛び出し、共働きDUAL夫婦がすぐに実践できる情報が満載の会となりました。清水さんのアドバイスも必読です。

<次のページからの内容>

● 長男が思春期を迎えて、夫婦でラブホテル通い
● 子どもと寝室を分ける裏技は「●●」にあった!
● 「アロマにムーディーな照明」 ムード作りに余念がない夫
● 「勝手に妻を愛する月間」って何?
● めげずに愛せる根底にあるのは「やっぱり愛」だった

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。