「働き方改革」に大きく期待

 毎日会社でも家でもフル稼働の生活は、疲れないと言えば嘘になりますが、昼間は大好きな仕事に没頭し、帰宅したらかわいい盛りの娘と思いっきり向き合うというのは、私にとっては良いバランスです。

 いろいろと考えるのは、先々のことです。やはりお金のことは切実なので、将来娘に「うちはひとり親だから」などと変に遠慮をさせることなく、やりたいことをやらせてあげられるだけの金銭的な余裕も保ちながら、自分自身の老後資金も稼がないといけない、といったことも頭をよぎります。でも、目下頭を悩ませているのは働き方に関してです。

 今は保育園が最大で19時まで延長できるので、何とかなっていますが、ある程度しっかりと娘と関わっていきたいという思いがあるので、小学校に上がってからは今とはもう少し違った働き方をしたいと思っているんです。理想を言えば、娘が帰宅したときに家にいてあげる働き方ができたらベストなのですが……。

 最近ではありがたいことに、会社でも働き方改革が進んでいて、フレックスタイム制度が実施されたり、在宅勤務のトライアルも開始したりしています。会社は定時が10時~19時なので、退社後のお迎えの時間を考えるとこれまでは時短でしか働けませんでしたが、フレックスタイム制度がスタートしたおかげで、始業を前倒しして、9時~18時のフルタイムで働けないか、まさに今トライしているところです。

 もし、このまま在宅勤務制度が本格的にスタートすれば、娘が小学校に入った後も、このままダーツライブで働き続けることができるので心強いですね! まさに会社の働き方改革に期待をしているところです。

 こうやって試行錯誤しながらやってみて思うのが、一人だからできないことや、諦めなくてはいけないことはないんじゃないか、ということです。もちろん、そう思える気持ちの裏には、一緒にいる娘のことを思えばこそ、私が自分で選んだ道なのに「辛い」とか「大変」などネガティブな姿勢でなどいられない、という気持ちがあります。だからこそ、前向きに頑張れているんですよね。

 これからも、周囲の力を借りつつ、私と娘にとって一番良い生活スタイルを試行錯誤していきたいと思っています。

写真はイメージです

取材・文/須賀華子(日経DUAL編集部) イメージカット/PIXTA