「何とかならないの!もうイヤ!」と親のほうが叫びたくなるイヤイヤ期。「発達においてとても大切な時期」なんてことは百も承知でも、やるせない思いを抱え、いい対処法はないか、と考えてしまうのも無理はありません。

では実際にどうすればいいのか。「親が大前提の考え方を変えるべき」と目からウロコの提案をしている井桁容子さんに、読者のイヤイヤ実例に沿って、具体的に教えてもらいます。また、気になるママとパパの役割分担についても、引き続き、大豆生田啓友さんに聞きました。

先取りして実践した編集部スタッフからは、「イライラが減り、驚くほど気持ちがスーッと軽くなった」「もっと早くに知りたかった……」という声が。絶賛イヤイヤ期を迎えているママ・パパも、「言うことを全然聞かない!わが子はずっとイヤイヤ期だよ」と長期的に悩んでいる方も、ぜひ、お役立てください。

【迷える共働き親を救う「イヤイヤ・反抗期」道しるべ】特集
(1) 子のイヤイヤ共働きのせい?抑え込むとどうなる?
(2) イヤイヤ期を育て急がない 編集部も腹落ち!
(3) 帰宅時や店内で…7つのイヤイヤ悩み 現実解は?←今回はココ
(4) 親の「常識」見直せば思春期はもう怖くない!
(5) イヤイヤ・反抗期の子への怒りは6秒、〇〇して待つ
(6) 反抗期とママの大人思春期 重なるから修羅場に

【読者アンケートで寄せられたイヤイヤ実例の一部】

まず親の側に問題がないか疑問を持つこと

 「イヤイヤで悩んだときは、まず親の側に問題がないか疑問を持つことをおすすめします」。40年以上、保育の現場と研究に関わり、子育て番組などでも活躍する井桁容子さん(非営利団体コドモノミカタ代表理事)は、そんな意外なアドバイスをします。いったいどういうことなのでしょうか。

ケース1 泣きわめく子ども抱えて帰宅

時間に追われているときに、2歳の子にいつもイヤイヤされて困る。おもちゃで遊んでいて「さあ、食事の時間よ」というときや、「パジャマから洋服に着替えるよ」というときに必ずイヤイヤ。「公園でずっと遊ぶ!」と言って聞かないときは、最初は穏やかに話しかけていたけど、夕飯を作る時間がずれ込むと、寝る時間も遅くなってしまうので、気持ちが焦り、ジタバタ暴れながら泣きわめく子ども抱えて帰宅する羽目に。そのたびに自己嫌悪に陥る。

 「親の側を疑ってみる」とはどういう意味でしょうか。「時間通りに家に帰らせること=本当に正しいのかどうか、ということです」。親の主張は正しい気がしますが、井桁さんはこう指摘します。

<次のページからの内容>

● 規則正しい生活ができないより「罪深いこと」って?
● では、しつけはどうすればいいのか問題
● 「受け止める」が「受け流す」になってしまっていない?
● 「何度叱ってもダメ……」。親の言葉が子どもの耳に届かない理由
● 「大人から見ればささいなこと」って、子どもに失礼?
● 「子育てには複数の人が関わったほうがいい」と言われる真の理由
● 大事なのは〇〇の土台を作ること
● 「大きくなってからが父親の出番だ」は大間違い

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。