慶應義塾大学医学部小児科教授の高橋孝雄先生
慶應義塾大学医学部小児科教授の高橋孝雄先生

 成果だけを見ている親は、点数が悪かったら深夜まで子どもを勉強させよう、と考えてしまいがちです。「目標の点数に届かなかった子どもの悲しみや苦しみが見えていれば、そんなふうには考えないでしょう」(高橋先生)

 特に、仕事が忙しく子どもと接する機会の少ない父親は、成果に関心が偏る傾向が見られるといいます。子どもが結果を出すよう迫られ、強いストレスにさらされた結果、不登校や髪をむしって食べるといった問題行動を起こすこともあります。

 「教育虐待」の難しさは、ほとんどの親が「子どものため」だと信じ切って勉強させており、虐待の自覚がないことです。しかし高橋先生は「子どもへの『あなたのため』は、『親自身のため』と言っているのと同じです」ときっぱり。

 「子どもに語学を習わせたり、受験させたりする理由の多くは『自分は英語で苦労したので、子どもには英会話ができるようになってほしい』『高校のときもう少し勉強して、もっと良い大学に進めばよかった』といった親自身の思いからです。しかし何が幸せかを決めるのは、子ども自身。自分の後悔を託してはいけません

 「もし『英語を話せたらなあ』『あのスポーツをやっておけばよかった』と思うなら、子どもに託さず何歳からでも自分で始めてください」とも付け加えます。

「最後はあなたが決めていいよ」と子どもの決定権を尊重

 子どもが勉強や受験へのやる気を失ったときも無理強いせず、まずは話を聴くべきだといいます。「『好きな異性が地元の公立中学に行くから受験したくない』などのたわいない理由も、本人にとっては一大事。『あの子は優しいし、一緒にいるのは楽しいよね』とまずは共感した上で『でも、お母さんはこう思う』と、考えを伝えてください。肝心なのは、『最後はあなたが決めていいよ』と子どもの決定権を尊重することです

 こうしたプロセスを踏むことで、子どもには「親はたくさん話を聞いてくれたし、自分で決めていいと言ってくれた」という納得感が生まれます。その結果、「お母さんがあれだけ言ってくれたのだから受験してみようか」と、親の意向に沿った決断を「自分から」するかもしれません。