特集3回目までは、本物体験が子どもに与えるメリットや楽しむポイント、モデルプランを見てきましたが、今回は、より具体的に「直行便がいい?」「ホテルの上手な使い方」「あると便利な持ち物」「病気やケガに備える」「現地で気を付けること」などについて、“旅の達人”たちに聞きました。

 欲張り過ぎない、頑張り過ぎないことも、ポイントのようです。

【地球を丸ごと味わう 2泊から!親子海外旅行 特集】
第1回 海外旅行を通じた本物体験は、子どもの一生の財産
第2回 砂漠、ジャングル、ジンベエザメ 2~3泊の本物体験
第3回 クルーズ、巨大建造物、最長鉄道 世界子連れ旅5選
第4回 親の得意分野を旅のテーマに 海外親子旅10の秘訣 ←今回はココ
第5回 小4息子とカンボジア遺跡へ「週末+α」旅は可能?
第6回 2泊でカンボジア満喫 遺跡をめぐり象や気球にも

「子どもが絶対に喜ぶ時間」をプランに入れる

 大人だけの旅行と異なり、親子海外旅行では、ちょっとしたコツを知っていると旅の充実度がアップします。

 まずはプランの立て方です。「子どもは、親と同じもので喜ぶとは限りません。大人が景色を見て感動していても、子どもは『景色なんてもう嫌だ!』と叫ぶこともあります」(小1のお子さんがいる旅行ライターの渡辺裕希子さん)

 日常でもこうした大人と子どもでの感動ポイントの違いに戸惑うことはありますが、海外旅行でこうなると親も子もガックリ…となりますよね。

 そこで渡辺さんは、「自由に走り回れる時間やプールタイムなど、子どもが絶対に楽しめる時間を、必ず旅程に入れるようにしています」と言います。また「旅行にいいイメージを持ってほしいから、旅行中はアイスを食べてもいい、などと少し甘めの“旅先ルール”を設けています」とも。

 小学3年生の子どもを持ち、親子海外旅行経験も豊富な旅行ライターの古屋江美子さんも同意見です。「旅先が暑い国なら、街中にあるすてきなプールがあるちょっといいホテルに泊まり、街の散策は朝と夕方にして、暑い日中はプールで子どもを遊ばせて、大人はプールサイドでゆっくりするのもおすすめです」(古屋さん)

 子どもが楽しんでいれば、大人も安心してリラックスできるでしょう。

 他にも“旅の達人”に聞いた話を基に「親子海外旅行で気を付けたい10のポイント」をまとめました。

親子海外旅行で気を付けたい10のポイント
【1】「子どもが絶対に楽しめる時間」をつくる
【2】親が「いっぱいいっぱい」にならない
【3】親が「好きなこと」を旅のテーマに

 4つめ以降もまだまだ続きます!

モンゴルの気球体験の様子(写真提供:エス・ティー・ワールド)
モンゴルの気球体験の様子(写真提供:エス・ティー・ワールド)
<次のページからの内容>
●時差はできるだけ小さいほうがいい
●短い旅程では出費は惜しまず、時間をお金で買う感覚で
●“親子旅行の達人”が持っていく意外なモノ
●現地で気を付けたいこと

次ページから読める内容

  • 親がいっぱいいっぱいにならないプランを
  • 「好きなこと」をテーマにすれば堂々と行動できる
  • 時差の影響は? 乗り継ぎ便より直行便がいい?
  • 深夜便を使ったらホテルはアーリーチェックイン
  • 事前準備は念入りに、旅先では「また来ればいいよ」が合言葉
  • 親子海外旅行では個人ガイドをお願いする
  • 子ども専用カメラ、体温計、母子手帳も
  • 交通事故、迷子、食べ物…現地で気を付けたいこと
  • 病気の補償が強めの海外旅行傷害保険に入ったほうが安心

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る