「週末でも海外旅行で本物体験ができる」ことを前回、お伝えしましたが、では具体的にはどういう日程で、どこに行き、どんな体験ができるのでしょうか。また、どうすれば親子旅を充実したものにできるのでしょうか。

 特集の2回目と3回目は東京発「最短2~3泊」で実際にどんな旅先に行くことができるのか、旅の達人の知恵を借りながら編集部が頭を絞って考えました。年中以上の子どもがいる親子を想定したうえで、子連れなのでリゾートホテルもあって大きな無理なく安心して旅行ができ、なおかつスケールの大きい体験ができる旅先はどこなのでしょうか。現地で「あれもこれも」と欲張らなければ、意外にも、砂漠やジャングル、ジンベエザメなど様々な種類の「本物体験」もできることが分かりました。“旅の達人”たちに聞いた「親子海外旅行を楽しむポイント」と併せてお届けします。

【地球を丸ごと味わう 2泊から!親子海外旅行 特集】
第1回 海外旅行を通じた本物体験は、子どもの一生の財産
第2回 砂漠、ジャングル、ジンベエザメ 2~3泊本物体験 ←今回はココ
第3回 クルーズ、巨大建造物、最長鉄道 世界子連れ旅5選
第4回 親の得意分野を旅のテーマに 海外親子旅10の秘訣
第5回 小4息子とカンボジア遺跡へ「週末+α」旅は可能?
第6回 2泊でカンボジア満喫 遺跡をめぐり象や気球にも

 

旅の達人が教えてくれた、親子海外旅行を楽しむポイント

 まずは“旅の達人”たちに聞いた「親子海外旅行を楽しむポイント(前編)」です。

親子海外旅行を楽しむポイント
・温度の差を感じることも本物体験
・「違い」を建物や食べ物に探してみよう
・動物がいれば一気にテンションアップ
・標識ひとつでもグローバル教育につながる
・“非ホテル”宿泊で、宿泊自体をイベントにする

 では、具体的なモデルプランを紹介しながらポイントを説明していきましょう。

 なお、今回のモデルプランには、それぞれ大人1人当たりの航空代金を掲載していますが、あくまで編集部で調べた時点における一例です。航空代金は混雑等に応じて日々変動し、出発日によっても異なります。また、モデルプランでは2~3泊で行ける最短の日程を想定しているため、航空便やフェリーなどの遅延によって予定を変更しなければならなくなる可能性もあります。

セブ島のジンベエザメ(写真提供:エス・ティー・ワールド)
セブ島のジンベエザメ(写真提供:エス・ティー・ワールド)

フィリピン・セブ島(2泊3日)

ジンベエザメと一緒に海で泳げる!

 「大人は景色に心を打たれて感動しますが、意外と子どもには響かないことも。ただ、そこに動物が出てくると、一気に子どものテンションが上がります」。小学3年生のお子さんを持ち、子連れ海外旅行経験も豊富な旅行ライターの古屋江美子さんは言います。

セブ島は小さな子どもも楽しみやすい(写真提供:古屋江美子)
セブ島は小さな子どもも楽しみやすい(写真提供:古屋江美子)

 生き物を見に行く、という目的が果たせる旅先は親子海外旅行には最適です。

 例えば、水族館ではおなじみのジンベエザメ。世界で一番大きい魚として知られる、ジンベエザメと一緒に海で泳ぐという体験ができるのがフィリピンのセブ島です。セブ島までは成田から直行便で5時間。2日目の早朝からツアーに参加し、約4時間かけて車でセブ島南部のオスロブという街へ移動。ボートに乗ってジンベエザメが見られるポイントまで連れていってもらい、海でシュノーケリングします。

<次のページからの内容>
● 【フィリピン・ボホール島】「世界最小」の動物に出合う
● 【マレーシア領・コタキナバル】“リアルジャングルクルーズ”体験!
● 【シンガポール】標識や建物、食べ物を通じて異文化を感じる
● 【モンゴル】遊牧民のゲルに泊まり、宿泊自体をイベントに
● 【ドバイ】アラビア半島の砂漠と世界一のビルを体験

次ページから読める内容

  • 「世界最小」の動物に出合い、日本とは全く違う蛍を鑑賞する
  • “リアルジャングルクルーズ”で大自然を間近に感じる
  • シンガポールで標識や建物、食べ物を通じて文化の違いを楽しむ
  • モンゴル遊牧民のゲルに泊まり、宿泊自体をイベントにする
  • 2泊4日でアラビア半島の砂漠と世界一のビルを体験
  • 「アラビア半島の砂漠」を体感できるツアーもある

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る