2018年8月、東京・日本橋でスタートした異色の大学院大学・至善館。仏インシアード経営大学院や英ロンドン大学経営大学院など世界的なビジネススクールで教鞭(きょうべん)を取ってきた野田智義氏が今なぜ、新たな大学院大学を創設したのか。そこには歴史的な転換期に直面する世界と、未来に挑戦できるリーダー人材に対する危機感があった。

「リーダーとは目指すべきものではなく、結果として『なる』べきもの」、「学歴も肩書も不要。リーダーとは自らを信じて行動する人のことである」……創設者である野田智義氏が至善館創設の経緯とともに、独自のリーダーシップ論を語る。

自分は何をなすべきか、アイデンティティーの自覚が重要

 日本の私たちが目指すべき真のリーダーシップとは何でしょうか。そのヒントの1つが「長州ファイブ」の人間像にあります。

 長州ファイブ(Choshu Five、長州五傑)とは幕末期に藩命を受けて英国留学し、のちに技術官僚として日本の近代化を支えた5人の長州藩士を指します。初代首相となった伊藤博文や外相となった井上馨など、いずれも日本史に名を残す偉人たちですが、当時は鎖国状態から開国したばかりで彼らは英語などろくに話せませんでした。ちょんまげを切ったばかりで洋装にも不慣れ。立ち振る舞いも江戸時代の風情そのままですから、その姿は当時の英国人にとって滑稽に見えたかもしれません。

 しかし実際には、彼らは当時の英国社会において大変な尊敬を集めました。5人が学んだロンドン大学には「近代日本の基礎を築いた先駆者をたたえる」と記した彼らの石碑が今も残っています。おそらく彼らは、自分が何者で何のために生き、これからの世界において何をなすべき人間なのか、というアイデンティティーを明確に自覚していたからだと私は考えています。そして、片言の英語でもそれをきちんと伝えることができた。これができる人間は、たとえ語学が堪能でなくても、グローバルな経験が乏しくても、心から尊敬されます。もちろん語学はできるに越したことはありませんが、リーダーシップにおいては必須ではありません。

大学院大学至善館理事長の野田智義氏
大学院大学至善館理事長の野田智義氏

 私はこのようなリーダーシップのあり方を「長州ファイブモデル」と呼んでいます。

次ページから読める内容

  • 名刺が通用しない場所に行ってみる
  • 自分と異なる価値観に対する好奇心を持つ

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る