1年半にわたる不登校を経験した浅見直輝さんの体験とこれからを聞くインタビュー。上編では学校に行く僕でも、行かない僕でもなく、 “僕そのもの”に向き合ってくれた相談員のSさんと、母の言葉によって、生きる力を取り戻した過去を聞きました。下編は、不登校時代や高校・大学時代に得た経験をもとにした、オルタナティブ教育の取材への挑戦とその思いについてお伝えします。

(上) 元不登校の青年 親に言えなかった学校での出来事
(下) 浅見直輝 学校以外の居場所探す子の力になりたい  ←今回はココ

子どもの特性に合わせた学びの選択肢が少ない日本

 中学時代、1年半の不登校によって内申点や成績はかなり低く、選べる高校の選択肢も少なかったという浅見さんは「興味を持てる部活」を進学先選びの基準にして高校へ進学。キャラを変えるために髪形をモヒカンにして悪ぶったこともあったそうですが、高校は休むことなく3年間通い続け、中学時代に不登校だったことがクラスメートたちにバレないよう、あえて活発で明るい生徒になろうとしていたそうです。

 そして、中学時代に不登校で悩んでいた自分や家族を支えてくれた祖父を、ありがとうも伝えずに高校2年の冬に亡くしたことを機に、大学進学を決意。「おじいちゃんが支えてくれたから今の自分がいる。おじいちゃんが支えてくれたから、何かを頑張れる自分がいる」という思い、家族へのありがとうの気持ちをもとに偏差値43から猛勉強を重ね、早稲田大学に合格します。

 大学では中学時代や高校時代に自分と同じように孤独を感じていた学生たちに出会い、人それぞれ多種多様な過去があることに気付かされたといいます。そして「自分たちの苦しかった経験や、当時感じていた気持ちがあるからこそ、何かできるのではないか」という思いから、仲間と共に『十人十輝(じゅうにんといろ)』というチームを結成し、学校に居場所のない子やその親御さんを支えるような活動を始めました。チーム名には、「十人いれば、十通りの輝きがあるよね」という思いが込められています。

 「メンバーの中には学校に通わない選択をした人もいれば、専門学校という道、定時制高校という道、大学という道を選択した人もいて、生き方も進み方もそれぞれ。彼らの話を聞き、その人生の多様さを知れば知るほど、“不登校”の“不”というレッテルは、必要ないのではないかと感じるようになりました」

次ページから読める内容

  • 自信を失っている子どもたちに気付きを届ける
  • 海外で出合った多様な学び場
  • それぞれに合った学び場・学び方を選べる未来をつくりたい
  • 日本中に存在している、不登校親子に向けたエール

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。