多くの日本人は英語の報道に接する機会がないため、世界で日本がどのように報じられているかに無頓着になっていると前回指摘したモーリー・ロバートソンさん。逆に日本国内の報道についても、世界とのギャップは大きいといいます。

 視聴者の感情に訴えかける映像を連日流すワイドショー、危険なもの、受け入れたくないものに関しては議論することすら避ける姿勢……グローバル社会を生き抜く力を子どもにつけさせたいと考える大人が、こうした状況に疑問を持たなくていいのでしょうか。モーリーさんが、日本人の情報との関わり方の問題点に切り込みます。

「こんな事故があってはならない」――日本のメディアは「憤りポルノ」

 6月に発生した大阪北部地震で、9歳の女の子がブロック塀の下敷きになって亡くなるという事故がありました。あのときは、事故から1週間経っても「この塀の下敷きになって、9つの女の子が亡くなりました。現場には、今もあふれんばかりのお花が供えられています」といったリポートがワイドショーで流れ続けました。

 夕方の報道番組では、「昭和〇十年代にはこういう手抜き工事が多かったんですよ」という専門家の電話インタビューの声を紹介。それを受けて、出演者がみんなで「〇〇ちゃんの命は救えたのに」と言う。そして最後は、子を持つ母親が涙ぐんでいるワイプで締めくくります。

 これは「報道」なのでしょうか?

 イケイケドンドンで手抜き工事をよしとした日本の経済成長のつけがこういう形で40年後に回ってきた。私たちの繁栄は、実は薄氷の上に成り立っていた。その現実を直視し、これからどうリスクと付き合っていけばいいのか――。こういうことを話したほうが、女の子の犠牲も報われるはずです。ひたすら「こんなことがあってはならない」「みんなで点検をしたら危険な場所は他にもこんなにありました」だけでは、ただの感動ポルノ、憤りポルノになってしまう。でもこれが、論理よりも情緒や共感を重視する、日本のメディアのスタンスです。

 あとは、番組の都合で「そこにない世界」を語らされるということもありました。6年ほど前ですが、「世界の人たちは、福島の原発事故をきっかけに日本の野菜を買わなくなっている。それで困って、こういう問題が起こっている」みたいな強引な筋書きを提示されて、それを裏付けるニュースを探してこいとある情報番組のスタッフに言われたんです。僕が「ないです。一部のタブロイド紙などでは日本の放射能は怖いとあおっていますけど、世界全体で見たらそれほど怖いとは言われていません」と答えると、大体不機嫌になりました。

次ページから読める内容

  • 最近のテレビ番組のトレンドは「世界が褒める日本」
  • 政治的レッテルをかわす「急がばバラエティー」の戦略
  • 日本も無関係ではいられない北米の動き
  • グローバリズムの中で「ダメ、ゼッタイ」では問題が生じる
  • タブー視される移民の問題 議論を提起するだけで炎上必至

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。