タレント、イラストエッセイストとして華やかな世界で活躍中の犬山紙子さん。一方、夫の劔樹人さんは、ミュージシャン・漫画家でありながら、専業主夫としての仕事を生活の中心に据え、娘チャゲちゃんの保育園の送り迎えにお世話にと、忙しい日々を送っています。そんなユニークな夫婦に、新時代の子育て事情はどのように映っているのでしょうか。犬山さんのエッセー、劔さんのマンガの2本立て連載でお伝えします。

無償化より先にやることがあるのでは、とやっぱり言いたい

 消費税が10パーセントになりました。私たちの財布のひもが硬くなることが予想されるであろう中(私は消費増税反対だったので「グギギ」って思っている。増税はインフレ時に行うものでは……? GDPの成長率が低くデフレの中、消費が冷え込むと景気は悪くなるのでは? 結果、税収じゃ減るんじゃないの? グギギ……)、幼児教育・保育の無償化が始まりました。これについては私は賛成です。国は子どもにお金をかけるべきだし、それは回り回って将来国を豊かにすることでもありますから

 ただ、思うところがある人が多いんじゃないでしょうか。よく聞くのはその財源、先に保育園全入化に使ったほうがよくない?ってこと。ベビーシッターも認可外保育扱いとなりますが、上限は月に3.7万円。この金額だととてもじゃないけどシッター代は賄えませんよね。

 が、全入化に向けて政府が何もしていないかと言えばそうでもないようで、令和2年度末までに約32万人分の保育の受け皿を新たに整備するといっています。ただこれを信じてよいのかどうか……。まだまだ子どもを保育園に入れるのは本当に大変だという声を聞きますから。毎年厳しい目で見ていく必要がありそうです。私も楽観視していません。

次ページから読める内容

  • 0~2歳も全員無償化にしなければ少子化対策の後押しにはならない
  • 無償化はすべての子どもが保育を受ける権利のために必要なのだ
  • 問題を掘り下げ、対話をしたくて、経済の勉強を始めました
  • 大人に大きな変化があっても、子どもには淡々とした日常が続く

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。