子育てがこじれたら第三者の力を借りてみよう

 親の思いに追い詰められた子どもは、自己肯定感が低くなってしまっています。もしそうなってしまっても、「誰か」が子どもを丸ごと受け入れてくれることで、子どもは「自分はありのままで良いのだ」という自信を取り戻し、前に進めるようになります。その誰かの役割は、もちろん親でもよいのですが、親だって自分の考え方を変えるのは難しいものです。表面的に取り繕っても子どもには分かってしまうでしょう。ここは家族以外の第三者(祖父や親せき、信頼できる周囲の年長者)にお願いするとよいでしょう。

 マンガの男の子は、祖父から「自分の好き」を認めてもらったことから、自分を肯定できるようになり、精神的に自立することができました。起業する友人から刺激を受けたり、自らの留学を経て、かつて親が、学びを重視するあまりに、熱心になり過ぎてしまったことも理解できるようになったようです。色々な経験をした彼がもしも親になったら、どのような子育てをしていくのか興味深いですね。(節子先生)

田村節子
東京成徳大学心理・教育相談センター長・教授、臨床心理士、学校心理士スーパーバイザー
筑波大学大学院出身。博士(心理学)。3人の男の子を育てながら、長年、小中学校のスクールカウンセラーとして活動。親と教師が一体となって子どもを援助する“チーム援助”を提唱している。カウンセリング活動の過程で開発した「石隈・田村式援助チームシート」は、全国の教育現場で活用されている。多くの親子の悩みに触れるうちに発見した子どもの自立を促進する・促進しにくい親と子の関わり方の法則「親と子が幸せになるXとYの法則」はテレビでも話題に。著書に『親と子が幸せになる「XとYの法則」』(ほんの森出版 )など。

取材・マンガ/オオスキトモコ