目標は達成しても、やりたいことが見つからない

 思春期になり、親のことを他者と見て自立することができた子は、自分で決めた目標に向かっていくことができます。しかし、親に喜んでほしいと思って、親に押さえつけられても言われるがままにやってきてしまう子もいます。そうなると、目標(親の夢)を達成した後、「自分がない」ことに気付き、目標のない青春を送ることになってしまいます。医学部に限らず、日本の大学にはそんな学生が増えています。親は自分がやり残したことがあるのなら、いくつになっても自分が挑戦すればよいのではないでしょうか。そんな親の姿こそが、子どもの人生のモデルになります。(節子先生)

田村節子
東京成徳大学心理・教育相談センター長・教授、臨床心理士、学校心理士スーパーバイザー
筑波大学大学院出身。博士(心理学)。3人の男の子を育てながら、長年、小中学校のスクールカウンセラーとして活動。親と教師が一体となって子どもを援助する“チーム援助”を提唱している。カウンセリング活動の過程で開発した「石隈・田村式援助チームシート」は、全国の教育現場で活用されている。多くの親子の悩みに触れるうちに発見した子どもの自立を促進する・促進しにくい親と子の関わり方の法則「親と子が幸せになるXとYの法則」はテレビでも話題に。著書に『親と子が幸せになる「XとYの法則」』(ほんの森出版 )など。

取材・マンガ/オオスキトモコ