2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を受け、周りにがんの経験者もいなかった西口さんは、「同じような境遇のがん患者同士が交流できる場をつくりたい」と、2016年4月にコミュニティサービス「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう」を立ち上げました。

西口さんの経験や活動についてはこちらから
小さな子を持つがん患者 不安と悲しみの先の希望
西口洋平 ステージ4のがん経験 子に伝えたいこと

 その西口さんと医療関係者、同じように子どもを持つがん患者などとの対談や座談会を聞いてきた連載も、いよいよ最終回。西口さんご自身にインタビューし、現在の状況やこれからやりたいと考えていること、がんや死に対する思いなどを上下編の2本立てでお送りします。上編は、今の病状や働き方、ご家族との日常、今後のキャンサーペアレンツの活動、がんを取り巻く状況への希望などについてです。

西口洋平さん

ステージ4でも働き続けられるのは薬の進歩も大きい

日経DUAL編集部(以下、――) この連載では、マギーズ東京の秋山正子さんとの対談から始まり、「がん哲学外来」の樋野興夫医師と対談し、同じがんの親同士の座談会をやってきました。それぞれ全く立場の違う人たちでしたが、お話ししてみていかがでしたか?

西口洋平さん(以下、西口) マギーズ東京の秋山さんは、自身の体験がきっかけで訪問看護や自宅看護が世の中に必要だと考えるようになり、マギーズ東京設立につながっていったというストーリーがあり、すごく納得できました。僕を含めたキャンサーペアレンツの皆さんにも、それぞれ今までの仕事や家族との暮らしがあった中で、がんという病気が起きてしまって、それによって気付かされたこともありながら、なんとか乗り越えていこうとしているストーリーがある。それが「生きている」ということなのだと改めて思いました。

 樋野先生のお話では、そういう過去の部分はあまり出ませんでしたが、恐らく樋野先生にも様々な出来事があって、それががん哲学外来という現在の活動につながっているんだろうと思います。そう思うと、その人が生きてきた道筋やストーリーをもっと知りたくなりました。もちろん、がん患者やそれを支援する立場ではない方たちが、この連載を読まれてどう感じたのかも知りたいです。

―― がんになったら日常生活が送れなくなって、間もなく亡くなってしまうというイメージが強かったですが、この連載を通して、必ずしもそういうわけではなく、ステージ4でも働けるということを知りました。西口さんも一見、がん患者とはとても思えないですよね。ステージ4というと、がんの末期のはずですが…。

西口 そうですね。前回の座談会では僕を含めた3人ともがステージ4でしたからね。がんのこともそうですが、こんな活動があるんだとか、こんな人がいるんだということを知ってもらえる機会になったなら、この連載にも意味があったかなと思います。

―― ステージ4でも働けるというのは、やはり医療の進歩も大きいんでしょうか?

西口 すごく大きいと思います。抗がん剤と同時に副作用を抑える薬も投与するんですが、両方とも進化しています。昔だったら吐いてばかりだったはずが、吐き気止めも進化してきたので、動ける、働けるようになってきたんだと思います。

―― 西口さんご自身は、がんの治療で一番つらかったことは何でしょうか?

西口 薬が進化したとはいうものの、やっぱり吐き気がキツかったですね。治療を始めて1年ほどで体重が10キロくらい増えたんですが、その原因の一つが吐き気止めでした。副作用で食欲が増してしまっていたんです。それで主治医と相談して量を少なくしたら、今にも吐いてしまいそうな厳しい状態がずっと続いてしまって。

 食欲も活力もすっかり無くなって、何もできなくなってしまったので、これはさすがに続けられないと思い、元の量に戻してもらいました。それからは食べる量などに気を付けているので、体調は保たれています。ただ、僕の今の状態は医学的に理解し難いものではあるそうですが…。

―― ステージ4の宣告から3年以上経って、それでもこれだけ働いて、キャンサーペアレンツの活動もできているというのは、やっぱり医師からするとあり得ないということなんでしょうか?

西口 主治医は手術を執刀して、腹膜やリンパにがんが転移しているのを直接見ています。これではとても手術できないと判断して、いわば諦めて閉腹したわけです。こんな状態の患者の場合は、恐らくすぐに亡くなってしまう方が大半なんだと思います。にもかかわらず、そこから3年以上もピンピンしている僕の体については、医師にも説明できないみたいです(苦笑)。

―― 西口さんのようながんがあちこちに転移してしまったような人でも、普通に生きられるくらい医療が進歩したのかなと思いました。

西口 いや、僕の体が少しおかしいんだと思います(笑)。皆が僕みたいに動けるわけではないようなので、誤解されると困りますね。