私立大学へ進学する場合はどうするの?

 私立大学に進学する場合、国公立大学用に貯めた約200万円だけでは足りません。私大文系4年間で約420万円必要なのです

 そこで、児童手当の三角形貯蓄で積み立てた約200万円に、あと200万円をプラスして準備します。

 この残り約200万円の不足を解決してくれるのが、やはり、三角形です。子どもが誕生してから毎月コツコツ1万円を積み立てること。18歳になるまでの間、毎月1万円の積み立てをすると、合計216万円が作れます。児童手当の積立金と合わせると、約400万円が貯まります。これなら、私立大学の学費に手が届きますね。毎月1万円をコツコツ積み立てることが、一番ストレスがなく、計画的に貯まるので、ぜひ、実践してください

 なお、このお金は、私立大学に行かなかったとしても、海外留学や下宿費の仕送り、将来の子どもの結婚式の費用など、いろんなことに使えますよ。

図版/日経DUAL編集部作成 イラスト/エイイチ

子育て家族に人気のFP前野彩さんがズバリ教えます。
親世代とは違う「教育費の本当の話」!
『教育費&子育て費 賢い家族のお金の新ルール(日経DUALの本) 』

■第1章 子育てって、ざっくりどのくらいお金がかかるの?
■第2章 ウチはどう貯める? どこまでお金をかけられる?
■第3章 ママとパパどう働く? 収入にあった幸せな生活スタイル
■第4章 親世代とは全然違う! 100年人生のお金の新ルール

Amazonで購入する