生きていれば、必ずあるのが悩みのアレコレ。子育て、仕事、人間関係……などさまざまな読者の悩みに、著名人や専門家が答えます。今回は、麻生マリ子さんが読者の悩みにお答えします。

<読者の悩み>

もどかしさを感じてすぐに手を出してしまいます。

Q. 子どもの自主性を重んじたほうがいいと頭では分かっていますし、親の都合を押し付けたくないと思っていますが、子どもにもどかしさを感じてすぐに手を出してしまいます。

 例えば、子どもが何かをこぼすなどして汚されそうなときは、つい先回りしてさせないようにしたり、なんだか危なっかしいなと思うと、先に補助の手を出してしまったりしています。汚された場合に困るのは私です。もしかしてこういう私の行動も一種の「毒親」になるのではと心配でたまりません。

 自分自身の人生を振り返ると、進学や進路、就職、転職、結婚相手、住む場所などすべて親に干渉されてきたと感じます。いちいち母親に反対されるのが面倒なので、事前に相談しているうちに、母親が過干渉になったのかもしれませんが、そのせいで私自身の優柔不断な性格が出来上がった気がします。今でも、自分の決定にはあまり自信が持てず、他人のアドバイスや助言を頼ってしまうことが多いです。

 結婚して、子どもが生まれてからは、子どものことは夫婦で決めたいと思っているので、決定していない物事を母親になるべく言わないようにしています。決める前に話すと、やはり干渉は断ち切れないからです。自分は、母と同じような母親になりたくない気持ちはあります。母のようにならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

(30代女性、子ども1歳)

回答者: 麻生マリ子さん(家族心理ジャーナリスト)

 お子さんが1歳なら、ママもまだ1年生。その中でここまで考えられているのは立派なことだと思いますよ。いわゆる毒親育ちの方ほど、自分も毒親ではないかと不安になるものですが、相談者さんはけっして毒親ではありません。自分の行動をそんなに恐れないでください。ご自身を客観視できていますし、今の時点でそんなに心配しなくても大丈夫です。

 また、人を頼ることができるのは生きる上でとても大切なスキルですから、他人の助言を求める自分を駄目だと思う必要もありません。ただ、お子さんへの過干渉は、ご自身でも直したいと思っているようですね。お子さんがまだ小さく大変な日々は続くかと思いますが、気持ちが軽くなるようちょっとした心掛けを意識してみてはいかがでしょうか?(次ページへ続く)

次ページから読める内容

  • 子どもの失敗によるストレスを減らす工夫を
  • 否定形のイメージではなく、肯定形のイメージを持つ
  • 「毒にも薬にもなる」のが子育て

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。