生きていれば、必ずあるのが悩みのアレコレ。子育て、仕事、人間関係…など様々な読者の悩みに、著名人や専門家が答えます。

<読者の悩み>

息子が夫の汚い言葉遣いをまねし始めました。

Q. 夫の言葉遣いが汚くて乱暴で、悩んでいます。息子に対しても「おめえ、まだやってねえだろう」などと相手が大人のときと同じような言葉を浴びせます。息子が最近、夫のまねをしだし、悩んでいます。保育園でお友達や先生にそうした言葉づかいをしているようで、何度か注意を受けました。もちろん夫にまず直してほしいと言いましたが、「うるせー、なら出て行く」の一点張りで話し合いになりません。私一人だと夫のことなど無視できますが、息子のことを考えると、居ても立ってもいられない気持ちです。夫は高学歴で収入も高く、外面だけはいいので、私の友人はとても信じてくれません。子どもが大きくなるまで我慢して別れずにいたいですが、普段から夫婦仲が悪いこともあって、息子と娘への影響が心配です。

 (33歳、子どもは4歳と1歳)

回答者: 小島慶子さん

 まず、汚い言葉にはどうしたって出会うものだと知ってください。そう、お家の中がどれほど上品でも、子どもはガサツな言葉を覚えてきます。

 実は私の母は非常に言葉遣いに厳しい人で、「だわ」という語尾しか許さなかった人なのですが、二人の娘はその反動からか「だよ」「じゃん」などを頻用するようになり、次女(私)に至っては「じゃねえし」「ざけんな」などの非常に荒い言葉を好んで使うようになりました。ただ、通っていた学校では「ごきげんよう」などのお貴族様めいた言葉遣いもしていたし、長じてはアナウンサーなどという硬いお仕事にも就いたので、結果として非常に幅広い言葉づかいができるようになりました

 私が通っていたやんごとない学校の先生は「要はちゃんと使い分けができればいいんだよ。仲間内では男言葉でも、出るところに出たら誰よりもきちんとした言葉でしゃべれるっていうことが大事なんだよね」という大変現実的な考えの持ち主でした。その通りですね。何事も幅と使い分けが肝心です(次ページへ続く)

次ページから読める内容

  • 「言葉にはTPOあり」を理解させることが大切

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。