生きていれば、必ずあるのが悩みのアレコレ。子育て、仕事、人間関係…など様々な読者の悩みに、著名人や専門家が答えます。

<読者の悩み>

子どもの質問に答えるにはどうしたらいい?

Q.   最近、とても落ち込んでいます。それは、私自身があまりに無知だということです。
 「日経DUAL」の記事などでも、「子どもは科学・自然・地理・歴史、どれも日常生活にある身近な話題から興味を持つべきで、それには親の関わりや夫婦間での会話がきっかけになる」とされています。私もその通りだと思いますし、夫婦ともに関心はあるのです。でも、実際には一般教養的な知識がなくて、子どもに語ってあげることができません。子どもがせっかく質問してくれても、曖昧なことしか言えなかったり、その場で回答できずネットで調べていたりします
 このような場合、親はまず自身の知識量を増やすべきなのでしょうか? 子どもの成長に親が追い付けない可能性が高いです。

 (30代女性 子どもは小1)

回答者 松永暢史さん(教育環境設定コンサルタント 教育相談事務所Ⅴ-net主宰)

 お子さんは、質問してくる子なんですね。いいですね! でも、それにお母さんがスラスラ答えられないことに悩んでいる、ということです。

 例えばその質問が、「どうして蛇口をひねったら水が出るの?」とか、そんな質問だったとしますね。確かに即答するのは難しいですし、大人だって詳細がいまひとつ分かりません。「水道局が水道を引いているからだよね」などとお茶を濁しますか? あるいはスマホを手に「水道 蛇口 水が出る理由」なんて打ち込んで検索しちゃいますか? (次ページへ続く)

【あの人に、あなたの悩みを相談しませんか?】

応募ページはこちら↓↓↓
https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/C029720PK.html

悩みのカテゴリと回答者を指定のうえ、600字以内で具体的に質問をお書きください。採用された場合は個人が特定できないよう、匿名で掲載させていただきます。

次ページから読める内容

  • どうすれば好奇心を「延長」し「拡大」させられるか、親は必死で考えろ!
  • ネットでは育たない「想起する力」を育てるためには?
  • 好奇心を持ち続ける親を持った子どもは幸福

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。