生きていれば、必ずあるのが悩みのアレコレ。子育て、仕事、人間関係…など様々な読者の悩みに、著名人や専門家が答えます。

<読者の悩み>

仕事の繁忙期と入試直前期が重なります。どちらを優先させるべき?

Q.   小学6年生の息子がいます。中学受験を目指して、4年生から塾に通い、ここまで頑張ってきました。

   入試本番まであと3~4カ月ですが、息子が受験をする1~2月と、私が担当しているプロジェクトの繁忙期が重なってしまいそうなのです。プロジェクトの担当を誰かに代わってもらうことは可能なのですが、実はここ3年間の自分が積み上げた仕事の成果を評価されてのプロジェクトメンバー入りだったため、踏ん切りがつきません。

   夫はほぼ毎日深夜帰宅で、これまで息子の受験に関してはすべて私が管理してきたため、今さら何か分担するのも難しいように思います。やはり、仕事をセーブすべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

 (東京都在住・42歳女性、子どもは小6の男子)

回答者: 安浪京子さん(中学受験専門カウンセラー)

 中学受験は、子どもがまだ幼いため、親のサポートが必要です。そのためひと昔前は、共働き家庭は難しいと思われていましたが、今はフルタイムで働くお母さんも増え、両親共に帰宅が遅い家庭もあります。

 しかし、現実は親がやるべきことは多く、かつ親自身(特にお母さん)も「私が頑張らなければ」と一生懸命になりがち。なかには、お子さんが6年生になるタイミングで、それまで続けてきた仕事を辞めてしまうお母さんもいます。

 でも、それはあまりオススメしません。なぜなら、親が頑張り過ぎてしまうと、それがかえって子どもにはプレッシャーになるからです。 (次ページへ続く)

【あの人に、あなたの悩みを相談しませんか?】

応募ページはこちら↓↓↓
https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/C029720PK.html

悩みのカテゴリと回答者を指定のうえ、600字以内で具体的に質問をお書きください。採用された場合は個人が特定できないよう、匿名で掲載させていただきます。

次ページから読める内容

  • 一人で抱え込まず、人の手をどんどん借りて

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。