生きていれば、必ずあるのが悩みのアレコレ。子育て、仕事、人間関係…など様々な読者の悩みに、著名人や専門家が答えます。

<読者の悩み>

父親なのに、おじいちゃんと間違えられないか不安

Q. 私は、現在53歳の男性です。5歳の娘、2歳の息子、そして30代の妻がいます。

 私の悩みは、「年齢」です。

 「50代のパパって、今は普通だよ」と妻は言ってくれるのですが、子どもたちの保育園へ送迎などで訪れると、やはり自分は周囲のパパに比べて年を取っていると感じます。保育園では、20代から30代前半のママパパが主流。そんな環境で50代というのは、もはやおじいちゃんです。

 子どもを公園へ連れて行っても、「おじいちゃんと孫」だと思われていないか、つい気にしてしまいます。見た目だけではありません。他の家族と子育てについての話をしていても、「考え方がジジ臭いのではないか」と、気になるのです。

 また、子どもたちが小学生になる頃、私は60代になります。年齢にはあらがえませんが、男性ができるだけ若々しくあるためには、どんな努力をするべきでしょうか。子どもたちのために頑張りたいと思っています。

(53歳男性・2児の父)

回答者:MBさん(メンズファッションバイヤー・ブロガー)

 物事には必ず、「良い面」と「悪い面」の両面が存在します。50代で子どもの保育園へ行って、自分だけ年を取っているんじゃないかと思うのは、「悪い面」だけ見れば確かにそうなのですが、逆に「良い面」もあるはずです。

 例えば、50代の人が30代のコミュニティーに入ったときに、若いパパが仕事で悩んでいたら、経験があるからこそ答えられることもあるでしょう。信頼を得られれば、「頼れる大人」として重宝されるかもしれません。そういった「良い面」をすべて無視して、「悪い面」だけで考える必要は全くないと思います。
(次ページへ続く)

【あの人に、あなたの悩みを相談しませんか?】

応募ページはこちら↓↓↓
https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/C029720PK.html

悩みのカテゴリと回答者を指定のうえ、600字以内で具体的に質問をお書きください。採用された場合は個人が特定できないよう、匿名で掲載させていただきます。

次ページから読める内容

  • 30代に若返ることはできない。今の自分の「良い面」を認めて
  • 見た目のおじさん臭さを、ファッションで変える方法

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。