4人家族のF美さん一家は、6年前に保険ショップのFPに勧められるがまま、数種類の保険にまとめて加入しました。月払い4万8000円、年払い113万1000円、合計で年間170万円ほどの保険料を支払っており、ここ数年、貯蓄がほとんど増えていないことが悩みです。そんなF美さんに、『教育費&子育て費 賢い家族のお金の新ルール(日経DUALの本) 』の著者でファイナンシャル・プランナーの前野彩さんが、保険は本当に必要なのかアドバイスします。

■上の記事はこちら→「支払い額が年170万円 保険の必要性を見直したい

<相談者F美さんの悩み>

勧められるがままに入った保険。年間で170万円も保険料を支払っています。

F美さんのプロフィール

<夫婦の仕事と年収>
■夫(46歳)/正社員・商社 年収737万円(税込み)、月給32万円(手取り)、ボーナス187万円(手取り)
■妻(41歳)/正社員・金融 年収607万円(税込み)、月給30万円(手取り)、ボーナス90万円(手取り)

<子ども>
長女(6歳)と次女(3歳)

<現在の貯蓄や金融商品>
■妻/普通・定期預金240万円、投資信託70万円

<毎年の貯蓄>
家計から月2万円、ボーナスから137万円(取り崩しが多く、実際はたまっていない“つもり貯蓄”)

<住宅ローン>
2年前に都内に近い場所に6300万円の一戸建てを購入。頭金なしで夫3900万円、妻2400万円のペアローンで借り入れ。32年ローン、変動金利(0.497%)。毎月夫10万6000円、妻6万4000円を返済中

<加入している保険>
生命保険や医療保険など夫は7種類、妻は6種類の保険に加入。月に夫2万3000円、妻2万5000円の保険料、さらに年払いで113万1000円の保険料を支払っている

残された家族の一生分の支出をシミュレーション

FP前野彩さん(以下、前野) さて、今回は「ご主人に今もしものことがあったら」というパターンで、残されたF美さんと2人のお子さんの「一生分の収入」と「支出」を計算して比べます。「支出」のほうが多ければ、保険でフォローする必要があるということになります。

相談者F美さん(以下、F美) 一生分、出さないといけないんですね!

前野 そうなんです。今まで考えたことがないと思うので、じっくり想像しながら進めていきましょう。F美さんが90歳までご存命だと仮定して、お子さん2人については就職するまでにかかるお金を計算します。ではまず、一生分の支出を出してみましょう。ご主人が亡くなったときの住居については、考えたことがありますか? 実家に帰るという選択肢もありますね。

F美 実家には帰らず、そのまま今の家に住み続けたいです。

前野 では、「持ち家に住み続ける」というパターンでやってみましょう。団体信用生命保険に入っているので、ご主人のローンはなくなりますが、ご自身の毎月のローン返済額は残ります。

F美 毎月6万4000円、ボーナス払いはなしです。

前野 固定資産税は年間19万円ほどなので、ローンと合わせると年間約96万円のお金が住居費になります。ローンは残り30年ですが、金利変動はひとまず置いておき、一生分の住居費は3235万円です。次に生活費ですが、自分とお子さん2人になったら、どう変わりそうですか?

F美 お小遣いが私の分だけになって、携帯代は半分。水道光熱費も月2万5000円くらいになるかなあ。食費も1万5000円くらいは減りそう。車は手放すだろうだから、ガソリン代、ETCが無くなりますね。

前野 そうすると、現状で月30万6000円かかっている日々の生活費が、22万円に減ります。これが今3歳の下のお子さんが独立するまで20年間続くので、3人で生活しているときの生活費はトータルで5280万円かかります。

 お子さんが独立して一人暮らしになったら、生活費は減りそうですか?

F美 食費は4万円くらいに減りそう。子どもの支出は無くなるけれど、日用品やおしゃれ代、通信費、医療費なんかは変化なさそうです。水道光熱費は2万円くらいまで減らしたいですね。

前野 老後の生活費は月15万7000円ですね。これが90歳で亡くなるまでの29年間、合計5464万円かかります。今から90歳までの生活費を合計すると、トータルで1億744万円になります。

F美 …生きていくってすごい。こんなにお金がかかるんですね。

前野 総額で見ると、金額の大きさに驚きますよね。では次に教育費を見ていきましょう。

次ページから読める内容

  • 家電はあと何回買い替える? 自分のお葬式代は?
  • 「一生分の支出」は1億8472万円
  • 会社員の遺族には「遺族年金」が支給される
  • 「遺族厚生年金」は自分で計算できる
  • 65歳からは遺族厚生年金と老齢厚生年金のどちらかを選択
  • 一生分の収入が支出を上回り黒字に!
  • 妻の収入と遺族年金で十分やっていけると判明
  • それまでの保険料が無駄にならない「払い済み」保険

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。