相談者F美さんのプロフィール

<夫婦の仕事と年収>
■夫(46歳)/正社員・商社 年収737万円(税込み)、月給32万円(手取り)、ボーナス187万円(手取り)
■妻(41歳)/正社員・金融 年収607万円(税込み)、月給30万円(手取り)、ボーナス90万円(手取り)

<子ども>
長女(6歳)と次女(3歳)

<現在の貯蓄や金融商品>
■妻/普通・定期預金240万円、投資信託70万円

<毎年の貯蓄>
家計から月2万円、ボーナスから137万円(取り崩しが多く、実際はたまっていない“つもり貯蓄”)

<住宅ローン>
2年前に都内に近い場所に6300万円の一戸建てを購入。頭金なしで夫3900万円、妻2400万円のペアローンで借り入れ。32年ローン、変動金利(0.497%)。毎月夫10万6000円、妻6万4000円を返済中

<加入している保険>
生命保険や医療保険など夫は7種類、妻は6種類の保険に加入。月に夫2万3000円、妻2万5000円の保険料、さらに年払いで113万1000円の保険料を支払っている

世帯年収1300万円なのに、貯蓄を取り崩すことが多い

FP前野彩さん(以下、前野) F美さんは、保険に関するお悩みがあるそうですね。

相談者F美さん(以下、F美) 「保険に入らなきゃ!」と6年前に保険ショップのFPさんに相談してまとめて色々入ったのですが、保険料があまりにも多額でこんなに必要なのか疑問に感じてしまって。

前野 月払いの保険料が4万8000円、それとは別に年払いの保険料として113万1000円、火災・自動車保険料が年7万6000円。火災保険や自動車保険を除くと、年間で約170万円ほどの生命保険料を支払っている計算になりますね。保険の内容をチェックする前に、もしもに備えるための家計の現状を把握していきましょうか。今年から家計簿を付けていらっしゃるということですが、気づいたことはありますか?

F美 世帯年収は1300万円ほどありますので、それほど収入も少なくないし、無駄遣いもしていないと思うのですが、貯蓄が全然増えないんです。

前野 児童手当を入れると世帯の手取り年収は1045万円ですね。家計から月2万円、お二人のボーナスから137万円、合計で年間161万円は貯蓄できている計算です。でも、1年間の収支を洗い出してみると、自動積立の口座にはたまっているように見えても、それ以外の口座から引き出しているので、実際の貯蓄は増えていないんじゃないでしょうか?

F美 「ためているつもり」なんですが、結局貯蓄とボーナスからの取り崩しが多くて。

夫名義の貯蓄が分からない

前野 貯蓄額は銀行預金と投資信託合わせて310万円ということですが、これは全部F美さんがためているものですか?

F美 夫名義の貯蓄がどれくらいあるか実は確認できていないんです。結婚当初から「貯蓄はそんなにないよ」とは聞いていたんですが、聞くきっかけを逃してしまいました。

前野 万一のことが起こったときに保険が必要かどうかは、そのご家庭の貯蓄額によって大きく変わります。まずは、「家計を見える化して、情報を共有しましょう」とご主人に伝えてみてください。

F美 家計のお財布は一緒にしていて、お給料も全部もらっているので、逆にちょっと聞きづらいところがあるのかも。「ない」と言いつつ、意外に貯蓄していたりするかもしれません(笑)。

前野 そうそう、「ある」「ない」の感覚って個人で違うものだから、数字で聞いてみないと分かりません。さて、ご自宅はペアローンを組んで購入されたんですね。

F美 はい。6300万円なんですが、収入に合わせて、夫6:私4の割合で借りました。変動金利で32年間のローンです。

前野 お子さんの今後の教育プランはどうお考えですか?

F美 高校までは公立、大学は公立でも私立でも本人たちの希望に任せます。ただ、私も大学は奨学金をもらって進学したので、子どもたちにもそうしてほしいと思っています。

保険の必要性を確認するためにも、「家計の見える化」を
保険の必要性を確認するためにも、「家計の見える化」を