女の子は、生理が始まる前に、胸の変化が始まります。平らだった胸がだんだん女性らしい「おっぱい」の形を形成していきます。形が変わるだけではなく、乳頭がチクチクしたり、敏感になったり。気持ちにも影響するでしょう。今回は、思春期の胸を「守る」ためのブラジャーについて考えていきます。出産・育児ジャーナリストの関川香織さんが、女の子の体と心の成長を見守っている2人の方にお話を聞きました。

「胸を守る下着」に徐々に移行し、ファーストブラへデビュー

ワコール総合企画室広報・宣伝部の上地朋子さん。小・中学校で思春期の体の変化について出前授業を行う「ツボミスクール」の講師の一人
ワコール総合企画室広報・宣伝部の上地朋子さん。小・中学校で思春期の体の変化について出前授業を行う「ツボミスクール」の講師の一人

 この記事を読んでいるお母さんたちは自分自身が、初めてのブラジャーを着けたのはいつだったか、覚えていますか? 下着メーカー、ワコールの上地朋子さんは「初めての生理は覚えていても、初めてのブラジャーの記憶はあいまいな人が多い 」と言います。「それは胸の変化は徐々に起こることだからかもしれません」

 上地さんはワコールの「ツボミスクール」講師。ツボミスクールは、小・中学校で思春期の体の変化についての出前授業を行っています。特に胸の変化についての授業を展開していて、年間に訪問する小・中学校は約400校。2001年にスタートしてから約13万人の生徒と保護者が授業を受けています。

 「胸の変化が始まるのは、初経の1年半ほど前といわれています。実はその頃からブラジャーを着ける準備を始めたいのですが、初めての生理は個人差があって逆算はできないので、予測するのは難しいでしょう。

 また、初めての生理の時期はよく身長・体重の変化と関係しているといいますが、実はそれだけではないということも分かっています。統計的には10歳前後ですが、それも個人差が大きいもの。なので、実際に、胸を守るための下着(ブラジャーやブラジャーに準ずる下着)を初めて着ける時期は、体形を見て判断するということになります」

 体形に合わせて、いつ、どのような下着を選べばいいのでしょうか。

次ページから読める内容

  • 胸の先がかゆい、チクチクするが最初の切り替えの目安
  • 子ども自身がブラジャーを着けたがらない理由
  • ブラに抵抗がある女の子にすすめるときの工夫
  • ブラジャーで自分の体を守る2つの意味

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
「新生・日経xwoman」の準備のため、
新規登録/変更を一時停止しています。
4/2の再開まで今しばらくお待ち下さい。
もっと見る