忙しい共働き世代の強い味方である、料理レシピ投稿・検索サービスの「クックパッド」。その初期メンバーかつ初代編集長であり、現在はブランディング・編集担当VPとして活躍する小竹貴子さんに、平日帰宅後に20分で晩ご飯を作るためのこつを教えてもらいました。これまで数多くのレシピに触れ、プライベートでも2児の母として子育てに奮闘してきた小竹さんならではの時短テクニックや、晩ご飯をおいしく楽しく作るためのヒントも満載です。

(上) 小竹貴子 1週間の献立計画と週1家事休みで楽に ←今回はココ
(中) 小竹貴子 夕食のパスタ「朝ゆで」でおいしく時短に
(下) 朝仕込む白菜ミルフィーユ鍋 夜は火にかけるだけ

食事作りを頑張りすぎて疲弊。食生活のスタイルを変えた

日経DUAL編集部(以下、――) いろんなレシピをご存じの小竹さんは、きっと毎日の食事もテキパキと素早く作られているんだろうなというイメージがあります。

クックパッドの初期メンバーとして、日本最大の料理レシピ投稿・検索サービスに押し上げた立役者の一人である、小竹貴子さん
クックパッドの初期メンバーとして、日本最大の料理レシピ投稿・検索サービスに押し上げた立役者の一人である、小竹貴子さん

小竹さん(以下、敬称略) いえいえ、そんなこともないですよ。実は料理を作るのはそんなに早いほうではなくて、子どもに「わ~」っと話しかけられるとすぐ手が止まってしまって、なかなか進まないこともしょっちゅうなんです(笑)。急いでいるときは、「もう、あっちに行ってて!」とキツく言ってしまうこともあって、後で「悪かったなぁ」とシュンとなることも……。もともと料理は好きなんですけど、特に子育てが始まってからは食事作りに悩み、苦労してきました。

―― そうなんですか。ちょっと意外です。

小竹 1人目の子が生まれた頃は張り切って、毎日別のおかずを作ったり、小鉢にきれいに盛ったり、毎日の食事をきちんとしようと頑張っていたんですけど、仕事で残業になるとそのペースが途端に崩れて、「できないことへのストレス」が積み重なっていったんです。かなりしんどくなってしまって、「これは食生活のあり方を変えないといけない!」と思ったんですね。そして2人目の子が生まれたのを機に、食事作りの計画を立てることを決めました。まずは「1週間分の献立」を作って、週末にまとめて買い物をすることにしようと。そうすると1週間の見通しが立つので慌てなくなるし、安心できるんですね。それに週1回は「ファミレスに行く」と決めて、その日は食事作りをお休みすることにしたんです。

―― 週1回は休むと決めたんですね!なるほど!

小竹 これが意外にも子どもに好評で(笑)。「お母さんとちゃんと話せるからうれしい!」って言われたんです。そのときに食事の時間って、おなかを満たしたり、体に栄養を与えたりするだけじゃなくて、親子の会話を通して「心を満たす時間」なんだと気づきましたね。私自身が頑張ることをやめて、手を休めることでかえって家族が喜ぶ。これは新しい発見でした。

―― 思い切って家事を休むことも家族みんなの幸せにつながるのかもしれませんね。1週間分の献立作りをしているそうですが、どのように作っているんですか?

次ページから読める内容

  • メインは決まった料理を。副菜でバリエーションを持たせる
  • 簡単でもいい。親が子どもを思って作る姿を子どもは見ている

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。