フジテレビ「料理の鉄⼈」で、当時最年少だった22歳で「鉄⼈」に挑戦し、話題を呼んだ中国料理⼈、五⼗嵐美幸さん。今は4歳児の男の⼦のママとして⼦育てにも奮闘しながら、「美⻁(MIYU)」のオーナーシェフとして⽇々厨房に⽴ち、さらにメディアでの発信や料理教室を通じて野菜を多⽤したヘルシーな中国料理を伝授するという⼤忙しの⽇々を送っています。そんな五⼗嵐さんに、⾃⾝も⼼掛けているという「平⽇の夜ご飯を帰宅後20分で作る」ための時短のコツやおいしく⾷べてもらうためのポイント、平⽇に帰宅後20分で作れる夜ご飯2⾷分の献⽴を教えていただきました。2食目の晩ごはんは絶品肉じゃが「担々風肉じゃが」と、さっぱり風味の「キャベツとしらすのいため物」を紹介。20分で作るための作業フロー付きでお届けします!

【上】五⼗嵐美幸「⼦どもご飯、盛り付けだけは⼤事に」
【中】 五十嵐美幸 20分!家でおいしい中国料理が作れる
【下】中国料理人気シェフの時短レシピ「担々風肉じゃが」   ←今回はココ

火が通りやすい野菜&しっかり味付けでスピード肉じゃが

日経DUAL編集部(以下、――) 2食目の晩ごはんは、どんな献立になりますか?

甘辛い味付けでごはんがどんどん進む「担々風肉じゃが」と、しらすのうまみでさっぱりいただける「キャベツとしらすのいため物」の晩ご飯
甘辛い味付けでごはんがどんどん進む「担々風肉じゃが」と、しらすのうまみでさっぱりいただける「キャベツとしらすのいため物」の晩ご飯

五十嵐さん(以下、敬称略) メーンとして「担々風肉じゃが」と、副菜に「キャベツとしらすのいため物」を作りたいと思います。「担々風肉じゃが」は、すりごまをたっぷり入れ、豆板醤(じゃん)で少し辛みをつけた中国料理風の味付けに。ごはんがどんどん進む味で、4歳のうちの息子も大好きなのでよく作ります。牛肉が安い時にたくさん買って冷凍しておいて、メニューに困ったときに度々登場させますね。

―― いやぁ、聞くだけでお腹が空いてきました。肉じゃがは煮込むのに時間がかかりそうなイメージがありますが、20分という短時間でできるんですね。

五十嵐 じゃがいもは品種にもよりますが、10分程度煮込むだけで柔らかくなりますし、他の野菜も玉ねぎ、長ねぎ、ニラと火が通りやすい野菜を使いますので軽く煮込むだけでおいしく仕上がります。それに鶏がらスープをベースにオイスターソースや、にんにく、すりごま、紅しょうがなど風味豊かな食材を加えることで短時間でもしっかりした煮込んだような感じになるんです。

料理教室では本格的な中国料理を家庭で簡単に再現できるようにするコツも積極的に伝授
料理教室では本格的な中国料理を家庭で簡単に再現できるようにするコツも積極的に伝授

―― いつもと違った肉じゃがになりそうで楽しみです! 「キャベツとしらすのいため物」もさっぱりしていてメーンに合いそうですね。

五十嵐 はい。メーンにお肉を使っているので、副菜はしらすを使おうと。桜エビでもおいしいです。しょうがが決め手になる料理なので、できればチューブのおろししょうがではなく、生のものをみじん切りしていただくと風味がいいです。しょうがって余りやすいので薄切りにして冷凍しておくのも便利ですよ。冷凍庫から使う分だけを取り出して細切りやみじん切りにして入れると楽です。

―― なるほど、参考になります。普段の料理はチューブでもいいけれど、しょうがの風味をきかせたいときは生のものにするという具合に使い分けるといいですね。

五十嵐 今回のレシピでは、葉物はキャベツにしましたが、ほうれん草や小松菜でも合います。家庭のコンロの火力でも野菜をシャキシャキにいためるためのポイントがあるので、後ほど詳しくお伝えしますね。それでは作っていきましょう!

次ページから読める内容

  • 紅ショウガを入れて煮込むのがポイント!
  • 野菜がみずみずしく仕上がる「油通し」を家庭で再現!
  • 肉じゃがと副菜の晩ご飯を20分で作れる作業フローはこちらで確認

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る