フジテレビ「料理の鉄人」で、当時最年少だった22歳で「鉄人」に挑戦し、話題を呼んだ中国料理人、五十嵐美幸さん。今は4歳児の男の子のママとして子育てにも奮闘しながら、「美虎(MIYU)」のオーナーシェフとして日々厨房に立ち、さらにメディアでの発信や料理教室を通じて野菜を多用したヘルシー中華を伝授するという大忙しの日々を送っています。そんな五十嵐さんに、自身も心掛けているという「平日の夜ご飯を帰宅後20分で作る」ための時短のコツやおいしく食べてもらうためのポイント、あっという間にできる絶品レシピを教えていただきました。

(上)五十嵐美幸 「子どもご飯、盛り付けは大事」 ←今回はココ
(中)五十嵐美幸 20分!家でおいしい中国料理が作れる
(下)人気中国料理シェフの時短レシピ「担々風肉じゃが」

「顆(か)粒だしは水に溶かして冷蔵庫保管」が便利

日経DUAL編集部(以下、――) 一児の母として、オーナーシェフとして忙しい毎日を送る五十嵐さんですが、普段の食事作りはどうされていますか?

当時最年少挑戦者として、22歳でフジテレビ「料理の鉄人」に出演。以来、テレビや雑誌などメディアでも活躍する五十嵐美幸さん

五十嵐さん(以下、敬称略) 子育てしながらお店を切り盛りするのは本当に大変で、まさに戦争です(笑)。ですから、家での食事作りは、いかに時間をかけずにおいしく作るかを日々追求しています。このコラムのテーマである「夕食を20分で作る」というは私自身が心掛けていることでもあります。家では和食、洋食なんでも作りますが、やっぱり味付けが中華風に近づいていっちゃう。自宅のキッチンも中華の調味料が多いので、パスタを作るときも担々風になることが多いです(笑)。

―― 「担々風パスタ」、おいしそうですね! 中華を自宅でおいしく手早く作れたら最高です。

五十嵐 特に中華の場合、ごま油、しょうゆ、砂糖、豆板醤(じゃん)、オイスターソース、鶏がらスープなどいろんな調味料を使いますが、容器を一つひとつ取り出して計量しながら調理すると、時間のロスが増えてしまうんですね。その間に料理がどんどん焦げていってしまいますし。ですので、使う調味料はあらかじめ合わせておいて、「たれ」の状態にしておくとスムーズです。また、鶏がらスープは顆(か)粒のだしを溶かして使う方が多いと思うんですが、顆粒だと容器の中で粉が固まっていて計量しにくかったり、溶けにくかったりするんですよね。顆粒だしをよく使う方の場合は、時間があるときに顆粒をお湯で溶き、「濃い原液」にして保存しておくと便利です。

―― 液体の保存調味料のようにして使うんですね。冷蔵庫に保存するのでしょうか?

五十嵐 そうですね。かなり濃いめに作ってペットボトルに入れて冷蔵庫に保存しておくといいでしょう。1週間ぐらいは持ちますよ。この濃い原液を、料理の度にお湯に薄めて使います。薄めたスープを味見して、ちょうどよい味だなと思ったらOK。なんでもかんでも計量する必要はなくて、自分で味を確かめておいしいなと感じたらそれでいいですよ。

―― なるほど。顆粒の鶏がらだしはよく使うので、ぜひやってみます。鶏がらだしは中華だけではなく、いろんな料理にも使えますものね。