前回の記事に引き続き、平日帰宅後20分で作れる晩ごはんの献立を料理研究家のきじまりゅうたさんに教えていただきました。2食目の献立は、子どもも大好きなケチャップ味の「ソーセージとポテトのナポリタンいため」の晩ごはん。20分で作るための手順とともに教えていただきました。どれもストック食材だけで作れるのもうれしいポイント。「今日は冷蔵庫に何にもない!買いにいく時間もない!」という日のおたすけ献立として、ぜひどうぞ!具体的なレシピは3ページ目で紹介します。

(日経DUAL特選シリーズ/2019年2月収録記事を再掲載します)

きじまさんに教わる「20分晩ごはん」の極意
(上)きじまりゅうた 帰宅後20分で晩ごはんを作るワザ
(中)20分!「ロール豚ガーリック照り焼き」の晩ごはん
(下)ストック食材だけで作る金曜夜の「時短ご飯」 ←今回はココ

ナポリタン風味のボリュームおかずにおなかも心も大満足!

日経DUAL編集部(以下、――) 20分で作れる晩ごはんのご提案、2食目はどんな献立になりますか?

きじまさん(以下、敬称略) 主菜は子どもも大好きなケチャップ味にしたいなと思いまして、「ソーセージとポテトのナポリタンいため」を、副菜は生の白菜を使った「ツナと白菜のガーリックマヨサラダ」を作ります。白菜は加熱することが多いと思いますが、実は生で食べてもおいしくて、シャキシャキした食感がサラダにピッタリなんです。スープは手軽にコーンクリーム缶を使って「コーンクリームスープ」にしようと思います。

―― 今回のメニューは洋風ですね! ごはんではなく、パンが合いそうです。

きじま そうですね。おかずのボリュームが結構あるので、口当たりが軽いフランスパンが合うと思います。ただ、ポテトがおなかにたまると思うので、炭水化物はなくてもいいぐらいかもしれません。実は、今回のメニューは自宅によくあるストック食材だけでできるものなんです。使用するじゃがいもや玉ねぎ、白菜も日持ちする野菜ですし、ソーセージやツナ缶、コーンクリーム缶も保存食ですので、もし週末に1週間分まとめ買いする方でしたら、週の後半にこのメニューを持ってきてもいいと思います。例えば、月曜日は2回目で紹介した「ロール豚のガーリック照り焼き」の献立を。金曜日に今回の献立を作ってもいいですね。そして土曜日は残った食材でカレーを作ったら、バッチリじゃないですか?

ほんのりした甘みと酸味が絶妙のナポリタンいため。サラダの生の白菜のシャキシャキ感もたまらない
ほんのりした甘みと酸味が絶妙のナポリタンいため。サラダの生の白菜のシャキシャキ感もたまらない

―― わあ、もう3日分の献立ができちゃいましたね! 毎日、献立に迷うのでこのまま完コピしたいです(笑)。

きじま ぜひ使ってください! 今回の時短のポイントは、じゃがいもを先に蒸し焼きにして、いったんフライパンから取り出すことです。他の材料(ソーセージと玉ねぎ)と一緒にいためると、なかなか火が通らず、かえって時間がかかってしまうんですね。ですので、他の材料とは別々にいためていきます。では、早速作っていきましょう!

次ページから読める内容

  • 時間がかかるじゃがいもから調理。蒸し焼き5分の間に他の作業を着々と
  • 料理メディアの世界も、時代とともに紙媒体からWebにシフト
  • 子どもの頃から弁当が大嫌い。でも、料理研究家になるなら対峙すべきと感じた

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
「新生・日経xwoman」の準備のため、
新規登録/変更を一時停止しています。
4/2の再開まで今しばらくお待ち下さい。
もっと見る