DUALの洗濯は「外に干さない!」がキホン

 まず、「干す」について。多くの家庭では、ベランダや庭の物干しに洗濯物を干していますが、果たしてそれでよいのでしょうか。

 例えば「雨」「花粉」「PM2.5」。最近は「ゲリラ豪雨」もあります。こういった天候の変化に影響されやすいのが「洗濯物干し」という家事。夫婦のどちらかが自宅にいるか、外で勤務する時間が短い仕事であれば、気候の変化への対応も可能です。しかしどちらもフルタイムで働いている場合、状況に応じた柔軟な対応は事実上難しいため、外で干すのは無理と考えたほうがよいでしょう。

 つまり、共働きの家庭では、基本的に「外には干さない」。「今日はとてもいい天気だから、外に洗濯物を干すとよく乾くだろうなあ」と思っても、諦める勇気が必要になります。

 洗濯物を外に干さないと決めたら、次に考えるべきは、「どうやって乾かすのか」。ここでの選択肢は、「乾燥機にかける」か「室内干しにする」という2つです。

「畳む」のが苦にならないなら、乾燥機と部屋干しの併用がおすすめ

 乾燥機を使うメリットは、必ず決まった時間に洗濯物が乾くということ。例えばお子さんが小学校や中学校に通っている場合、体操着やエプロンなど、毎日必要になる衣類も出てきますね。作業着で仕事をする家族がいれば、「明日またこの服を着ていくから」と言われることもあるでしょう。

 夜に洗った洗濯物を必ず翌朝までに乾かさなければならないとき、室内干しで間に合うかどうかは迷うところ。できれば、「○時間後には必ず乾いている」という保証が欲しい。そういうときのために、たとえ「部屋干し派」だとしても、短時間で乾燥させる「乾燥機能」は必要です。

 乾燥機を使うデメリットは、乾かした洗濯物をそのままにしておくと、シワになりやすいという点。特に、綿シャツやチノパンなど、シワになりやすい素材を使った衣類は、乾燥機には不向き。こういった衣類に関しては、室内干しのほうが手間がかかりません。となると、「乾燥機にかけていい衣類」と「乾燥機にかけない衣類」に分けて、別々に洗濯するということになります。

 衣類の種類によって行動を変えるのは難しそうに感じますが、例えば、こんな方法だとうまく運用できるはず!

・月、水、金は下着とタオル、靴下などシワになってもいいものだけ洗い乾燥機にかける。
・火、木はシワになると困る衣類を洗い、室内干しする。

 このスタイル、一見、手間がかかりそうにも見えます。下着やタオルなどは別の日に洗っているため、火と木の洗濯はさほど枚数がなく、比較的短い時間で洗濯を済ませることができます。「洗濯物が乾いているかどうかを心配するのが嫌」「洗濯物を畳むのは嫌いじゃない」という人に適した方法です。

 このスタイルをチョイスする場合、夫に何を手伝ってもらえばいいでしょうか。例えば、自分のスケジュールに合わせて家事をしたい夫、洗濯物を畳むのが苦にならない夫であれば、「乾燥機で乾かした洗濯物を畳んでね」とお願いしてみては。後で紹介するパナソニックの「Cuble」という洗濯機なら、帰宅するタイミングで洗濯が終わるようにスマホでセッティングできるので、ギミック好きな夫であれば「楽しそう!」と喜んで協力してくれそうです。

 比較的定時に帰宅できる夫や、畳むのが嫌いな夫だったら、火と木の洗濯物干し担当を頼んでみては。実は、次に紹介する部屋干しスタイルなら、曜日に関係なく洗濯を担当してもらえるうえ、服の片付けも必要なくなるので、洗濯に関しては全面的にお任せすることも可能です。