共働き家庭でトラブルのもとになりがちな、夫婦の家事分担問題。皆さんは、どうやって解決していますか?今回のテーマは「花粉対策」です。家族の健康を守るため、パパと一緒に花粉対策に効果的な空調整備の方法について考えてみましょう。家電コーディネーターの戸井田園子さんが、イマドキの花粉対策についてお話します。

今年は、進入経路を断って「花粉を家に入れない」作戦で

 春の花粉シーズンが本格的に到来しました。今年の花粉量は例年より多いと言われています。ここ数年、花粉症の症状が軽かった方や、まだ発症したことがない方も油断は禁物です。今すぐ「わが家に花粉を入れないプロジェクト」に取り組みましょう。

 夏の快眠プロジェクトに続き、春の花粉予防プロジェクトについてもパパにプロジェクトリーダーをお願いしてみては。「パパ、お願い! 花粉を退治して!」と頼ってみれば、きっと「よし、任せとけ!」と「ゴーストバスター」ならぬ「花粉バスター」になってくれるはず!

 花粉を効果的に防ぐには、水際対策がおすすめ。今年は、花粉の侵入経路を検討し、家に花粉を入れないように工夫するところから始めてみてはいかがでしょうか。

 花粉が侵入しやすい場所は、ずばり「玄関」。外出中、花粉は洋服や体に付着します。玄関から家に入り、そのままリビングに行けば、当然、花粉もリビングに持ち込まれてしまいます。この経路を断つには、上着を玄関で脱いで部屋に持ち込まないようにすること。パパに花粉予防プロジェクトのプロジェクトリーダーをお願いする際には、「玄関扉と部屋の間に、クリーンルームのようなスペースを用意してほしい」と言えば、伝わりやすいかもしれません。

 クリーンルームとは、精密機器の製造などでよく使われている設備で、空気中の目に見えないチリやホコリを除去するためのもの。入り口にフィルターを設置したり、二重扉にしてエアシャワーを付けたりして、現場にチリやホコリを持ち込まないようにしています。

 自宅でそこまで厳重な仕組みを作る必要はありませんが、せめて入り口と部屋をつなぐ場所、つまり、玄関スペースや廊下に花粉を取り除く仕掛けを作っておけば、部屋に花粉を持ち込むリスクが軽減できます。パパがクリーンルーム設定の指揮を執れば、自らしっかりルールを守ってくれる効果も期待できますしね。

 比較的簡単にできるのは、上着を掛けておく場所を玄関に用意するという方法。これは、花粉は上着に付いていることが多いので、その花粉を部屋に持ち込まないための工夫です。ただ、上着を玄関に掛けておくだけだと、玄関に入り込んだ花粉がそのままたまってしまうことに。この花粉を取り除くには、空気清浄機を設置する必要があります。

 一般的に、玄関はさほど広くはないため、空気清浄機もさほどパワフルなものでなくても大丈夫。人の目にも触れやすい場所ですから、コンパクトでデザイン性の高いものを選ぶのがおすすめです。

次ページから読める内容

  • ◆「一石四鳥」家電で、玄関先で花粉を撃退
  • 目に見えない花粉を「見える化」し、遠方からでもスマホで操作
  • AIに完全に任せてしまう方法も

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。